【最先端アマチュアスイング】スローなスイングで飛距離アップ 背面打ちドリルで体の開きを抑える - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【最先端アマチュアスイング】スローなスイングで飛距離アップ 背面打ちドリルで体の開きを抑える

 体重移動はテークバックで右足のカカトに乗せ、ダウンスイングでは、右足カカトから左足ツマ先に移動させる。このとき、右カカトにあった体重を右つま先には移行させません。大事なポイントで、上級者はこれを当たり前のようにやっています。アマチュアゴルファーの中には、ダウンスイングで左足ツマ先に体重を乗せられず、体が開いてしまってそのまま体重が左側に流れてしまう人がけっこういます。

 今回は、そういう人のためのドリルを紹介しましょう。

 写真〔1〕のように、体を90度後方(飛球線と反対方向)に向け、ボールを左横に置くような形で立ちます。この体勢から背面打ちのような形で体をひねってボールを打ってみてください(同〔2〕)。うまく打つというよりは、ヘッドにボールを当てるという感覚でOKです。

 このドリルは、打ち方を覚えるというよりは、視界の感覚を覚えることを目的にやるものです。一度やってみるとわかりますが、ボールの横に立つと、ボールが見えているような、見えていないような状態になりますが、まずはこの感覚をしっかり覚えましょう。

 そしてその感覚を残したまま、ボールに対していつものようにセットしてスイングすると、体を開くことなくボールに向かってクラブを動かすことができるようになると同時に、体重を左ツマ先にグッと乗せることができるようになります。

 なぜ、このようなドリルをやるのかというと、通常のアドレスからのスイングだと、インパクトのとききちんと当てたいと思うので、知らず知らずのうちに目の前にあるボールに正対しようとします。それが結果的に体が開くという動きにつながるからです。

 そうならないために、後ろ向きの視界の中で打つ。実際に、後ろ向きに打つわけではないのですが、そういう感覚でスイングすれば、結果的に体が回ったときにボールの正面でとらえられるようになるわけです。

 最初は打つというよりもヘッドにボールを当てる感じでやってみましょう。体が開くクセのある人にとっては難しい動きになると思いますが、しっかりやっておくことが大事です。

 ■坂本龍楠(さかもと・りゅうなん) 1981年、神奈川県生まれ。2011年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロ資格を取得。豪州仕込みの理論でレッスンを展開し、「YouTube」のレッスン動画は登録者数9万人超。悩めるゴルファーの救世主として絶大な人気を集めている。新宿御苑ゴルフスタジオ主宰。

関連ニュース

アクセスランキング