NEC軽井沢、無観客開催決定も…渋野日向子は欠場へ 河本は米ツアーへ出発 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

NEC軽井沢、無観客開催決定も…渋野日向子は欠場へ 河本は米ツアーへ出発

 日本女子プロゴルフ協会は14日、今季2戦目となるNEC軽井沢72(8月14日~16日)を無観客で開催すると発表した。

 2月に所属契約を結んだ安田祐香(19)は初めてホステスプロとして出場。しかし全英女子オープン(8月20日~23)で大会連覇を目指す渋野日向子(21)は欠場する見込みだ。

 また、1年前のサマンサタバサ・レディス優勝者としてオンライン会見を行った小祝さくら(22)は、全英の出場権を持つが「まだ迷っている」。

 英国入国後の隔離は免除となったものの、帰国後に2週間の自主隔離を挟むと、所属先のニトリレディス(8月27~30日、北海道・小樽CC)に出場ができなくなるなど、ネックが多い。

 今季から米ツアーを主戦場としている河本結(21)は、羽田空港から渡米。自身初のメジャー大会となる全英女子について「素直にうれしい。できることは元気や感動を届けること。それができるようにしたい」と明るい表情で語った。

 米ツアーでは1月のデビュー戦で8位に入り、その後の2試合は予選落ち。拠点を置くフロリダ州で2週間の隔離生活を送り、ツアー再開となる31日開幕のドライブ・オン選手権と次週のマラソン・クラシック(ともにオハイオ州)に出場する。

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない米国での大会出場に「怖いけど、せっかくのチャンスを自分から手放すことはしたくない。一試合一試合頑張りたい」と意気込んだ。

関連ニュース

アクセスランキング