【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】フライヤーが出そうなときは球を高く上げる - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】フライヤーが出そうなときは球を高く上げる

 ラフにボールが入ると、「フライヤーに気をつけなきゃ」と思う人は、どのくらいいるのでしょうか。

 なぜなら、ある程度ヘッドスピードが速くないとフライヤー現象は起こらないからです。

 そもそもフライヤーとは、芝や水がフェースとボールとの間に挟まってバックスピンが軽減されてしまい、キャリーが番手なりの距離以上に飛んでランも出てしまう“飛び過ぎ”の球筋のことを言います。

 グリーンを狙う場面で良いスイングができたのに計算よりもキャリーが出てしまい、しかもスピンも効いていないのでボールが止まらずグリーンオーバーしてしまったり、極端なときはキャリーでグリーンをオーバーしてしまったり…というのがフライヤー現象なのです。

 問題は、このフライヤーをどう止めるかですが、ハッキリ言って打ち方でフライヤーに対応できる方法はありません。

 ではフライヤーが出そうなときにプロはどうしているのか?

 中嶋常幸さんの対処方法は、「フライヤーが心配なときは高く上げればいい」ということ。

 スピンがかからずに飛び過ぎてしまうのがフライヤーなら、上に飛ばしてしまえば落下地点は正規の球筋とそう変わらないだろうという考え方です。

 この対処法は理にかなってはいるものの、それを達成するには高度なテクニックが必要です。

 それ以外の方法としては、予想したフライヤーにならなかったらグリーン手前にショートしてもいい、と覚悟して番手を下げてフルスイングで打つ。逆に番手を上げてコントロールショットで手前から花道を使ってグリーンオンを狙うか、ふたつの選択肢が考えられます。

関連ニュース

アクセスランキング