バッハ会長「無観客での開催、望んでいない」 もし東京五輪中止なら冬の北京も… - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

バッハ会長「無観客での開催、望んでいない」 もし東京五輪中止なら冬の北京も…

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は15日(日本時間16日)、オンライン形式の理事会後に記者会見。コロナ禍で、来夏に1年延期となった東京五輪の開催に向けて「さまざまなシナリオを検討している」とした上で、「無観客での開催は明らかに望んではいない」と断言した。

 同会長は「参加者の安全が最優先。引き続き世界保健機関(WHO)の助言に従っていく」と世界の感染状況を注視する考え。「来年7、8月に東京五輪を開催するために全力を尽くす」と力説したが、16日に東京都の新規感染者は過去最多の286人に達した。

 また、ロイター通信によると、IOCの古参委員であるディック・パウンド氏(カナダ)が、東京五輪が仮に中止となった場合、約半年後の北京冬季五輪も開催が困難になるとの見解を示した。

 2022年2月4-20日の日程で予定されるが、同氏は「東京大会の後、同じアジア地域で、ウイルスの連鎖反応が起きないと想像するのは難しい」と指摘。香港への統制を強める中国政府と米国間の政治関係が不安定なことも、不安材料として挙げている。

アクセスランキング

×