八角理事長が7月場所開催を報告も… 小池知事は相撲どころじゃない!? - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

八角理事長が7月場所開催を報告も… 小池知事は相撲どころじゃない!?

 日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)が16日、東京都庁を訪れて小池百合子知事と面会。19日に初日を迎える、大相撲7月場所の開催を報告した。

 今場所は新型コロナウイルス対策で、会場を例年の名古屋から両国国技館に変更。観客も上限2500人と定員の4分の1まで絞って開催する。さらに力士に準備運動中までマスクを着用させるなど、事細かなガイドラインで万全な対策をアピールするはずが、間の悪いことにこの日は都内の新規感染者が過去最多の286人に。小池知事は朝から対応に追われた。

 都庁に入った八角理事長に「前のスケジュールがのびています」とお知らせがあり、知事の到着は10分遅れ。さらに15分間の予定だった面会は、10分弱で終了とドタバタに。それでも多忙な中で時間を作った知事から、「無観客がテレビで放映されるたびに非常に寂しい。力士のみなさんもご苦労されていると思っていました。しっかりした対策をとられるということで、素晴らしい場所になることを期待しています」と激励を受けた。

 わざわざ最もリスクの高い東京で、無観客にせず強行する今場所。感染者ゼロで乗り切れるか。

関連ニュース

アクセスランキング