森会長明言「選手は安心して五輪目指して」 IOC総会で日程など枠組み維持を承認 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

森会長明言「選手は安心して五輪目指して」 IOC総会で日程など枠組み維持を承認

 東京五輪の大会組織委員会は17日、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期になった大会の会場と詳細な競技日程の枠組みを維持すると発表した。国際オリンピック委員会(IOC)総会で森喜朗会長(83)が報告して承認された。

 総会後の記者会見で森会長は「(東京五輪を)やるのか、やらないのか。それが一番重要だった。これで予定通りできる。選手のみなさんは安心して東京大会を目指してほしい」と言い切った。

 しかし、新型コロナウイルス問題は重くのしかかったままだ。東京五輪中止論も根強い。武藤事務総長は「今後もコロナ対策が極めて重要。選手の出入国や検査、宿泊や輸送などコロナ対策が大前提になる」と、今秋にも国が主導権を握る形で東京都と組織委員会で対策会議を立ち上げることにした。

 会見中に何度も出た中止論に森会長は「(都知事選で)小池(百合子)さんは360万票もの支持を得た。完成をみずに終わったら、補償をしろとか、弁償しろという話になる。(お金が)倍にも3倍にもかかるんだ」とぶ然とした表情。なんとしても五輪開催にこぎつけるつもりだ。 (編集委員・久保武司)

関連ニュース

アクセスランキング