【最先端アマチュアスイング】スローなスイングで飛距離アップ フェースの向きをできるだけ変えない - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【最先端アマチュアスイング】スローなスイングで飛距離アップ フェースの向きをできるだけ変えない

 スローなスイングで飛ばすためには、クラブのロフト角をキープしてインパクトを迎えることが大事です=写真〔1〕。

 なぜなら、そもそもクラブは、ロフト角通りか、もしくはそれよりも少し立った(ロフト角が小さい)状態でボールをヒットすれば、理想の高さでボールが上がり、遠くへ飛ぶように設計されているからです。

 これまでロフト角をキープするための体の使い方をレッスンしてきましたが、今回は、ヘッドの動きについて考えてみましょう。

 インパクトゾーンでヘッドはどう動かすのが正解か。これについてはいろいろな考え方がありますが、私は、「フェースをできるだけ開閉せずにボールを打つ」ことをオススメしています。

 その理由は、フェースの開閉が小さければ、インパクトの際の角度ズレも少なくなり、その結果、エネルギーのロスも少なくなるからです。さらにフェースが動かなければ、ボールが当たる位置も狂いにくくなるので、球筋が安定するという利点もあります。

 もちろんだからといって、フェースを開閉するのがいけないと言っているのではありません。ただ、フェースを動かすとなるとその人の感覚やセンスが入ってくるので、それができる人は飛ばせるけど、できない人は飛距離どころか、まともに飛ばないということになりかねません。

 もしアナタが、「球がつかまるときもあれば、つかまらないときもある」、「7番アイアンより9番アイアンのほうが飛ぶことがある」というのであれば、私がオススメする「フェースを返さない打ち方」を試してみてください。

 さて、フェースの開閉を抑えるための方法ですが、具体的にはテークバックでフェースを開かず、インパクト~フォロースルーでもフェースがひっくり返らないようにすることが大事です。特に、インパクト以降は、写真〔2〕のように右手が左手を追い越す(右手が左手の上に来る)ことのないようにする。まずはこの動きを意識して、素振りから始めてみましょう。

 ■坂本龍楠(さかもと・りゅうなん) 1981年、神奈川県生まれ。2011年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロ資格を取得。豪州仕込みの理論でレッスンを展開し、「YouTube」のレッスン動画は登録者数9万人超。悩めるゴルファーの救世主として絶大な人気を集めている。新宿御苑ゴルフスタジオ主宰。

関連ニュース

アクセスランキング