【まだ飛ばし足りねぇ!!】GG後藤の第3条 最初にグリップを上方へ  - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【まだ飛ばし足りねぇ!!】GG後藤の第3条 最初にグリップを上方へ 

 より遠くへボールを飛ばすためのスイング動作として、テークバックではクラブヘッドから始動するのではなく、最初にグリップを上方へ動かす意識を大切にしています。

 一般的に緊張すればするほど体の大きな筋肉を使わずに小さな筋肉(手先)だけでクラブヘッドを振り上げやすくなるのが現実です。これでは飛距離を望めません。グリップを動かす意識が体全体で、特に背中や肩周りの大きな筋肉を使ってテークバックすることになり、上体をしっかりターンしやすくなります。このスタートからバックスイングでは、「さらに大きく、大きく」振り上げる意識を強めながらトップスイングを作り上げていきます。

 トップスイングは、自分の捻転限界まで上体を捻じり上げるのがポイント。飛ばすためにどれだけ深く大きなトップスイングを作れるかが生命線になります。そして、飛ばしに直結する切り返し以降のスイングに多大な影響を及ぼすことになります。ダウンスイングからインパクト、フォロースルーまでがヘッドスピードを加速させる助走距離だからです。

 肩甲骨周りや背中、脇腹などの筋肉が硬く、股関節も含めて可動域が狭いと、上体と下半身との捻転差をそれほど大きく作れません。そんな人は、左足のヒールアップで上体の捻転を促すことをお勧めします(写真)。

 とにかく大きなバックスイングで上体を捻じり上げ、大きなトップスイングを作り上げることが飛距離アップに直結するのです。

 ■イチ推しアイテム

 ゴルフのプレー中に圧倒的なパフォーマンスを引き出し、体軸の安定や柔軟性を向上させ、ボディーバランスを整えてくれるのが、(株)A-1から発売されているe-1ネックシリーズです。ネオジム磁石とボディーバランスに役立つ天然結晶のeクリスタルがそれぞれの商品に400mg・200mg配合されており、身につけたとき、その効果を実感します。管理医療機器認証番号を取得しているので、安心して使用できます。詳しくはhttp://a-1-hyper.com/e-1neck.htmlで。

 ■後藤正幸(ごとう・まさゆき) 1984年7月13日生まれ、栃木県出身。12年前からゴルフを始め、ドラコン大会には5年前から出場。19年JPLA主催『LOWMEL CUP』の5月、12月大会で優勝。世界ドラコン選手権日本大会を制して日本代表として世界大会に出場。2019年は年間14勝を挙げた。ドラコンのプロ登録名が「GG後藤」(ジージーゴトウ)。ドラコン界のGGがニックネーム。YouTubeチャンネル『GG後藤ちゃんネル』。自己最長飛距離418ヤード(2018年LDJ仙台大会)。身長176センチ、体重88キロ。

 LDJとは?ロングドライバーズ・オブ・ジャパンの略で、ワールドロングドライブアソシエーション(WLDA)公認の日本唯一の組織。日本大会各部門優勝者および優勝に準ずる上位者には世界大会への出場権が与えられる。本部・(株)LDJ=千代田区飯田橋2ノ12ノ1。Tel03・6261・0929

関連ニュース

アクセスランキング