レイズ・筒香、堂々2ランデビュー! レッズ・秋山は初打席タイムリー - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

レイズ・筒香、堂々2ランデビュー! レッズ・秋山は初打席タイムリー

 DeNAからレイズに移籍した筒香嘉智外野手(28)は24日(日本時間25日)、本拠地でのブルージェイズとの開幕戦に「3番・三塁」でメジャーデビュー。3打席目にメジャー初本塁打となる1号2ランを左中間スタンドに打ち込んだ。

 相手先発はドジャースから移籍したメジャー屈指の技巧派左腕、柳賢振(33)=昨季14勝5敗、防御率2・32。1-6とリードされた5回2死一塁から筒香のバットが火を噴いた。

 両サイドへスライダーとチェンジアップを散らしてくる柳の投球を見極めながらフルカウントへ持ち込んでの6球目。外角高めに直球勝負にきた89マイル(143キロ)を逃さず強振すると快音が無観客のドーム球場に響き渡った。大きな放物線を描いた打球が左中間スタンドに突き刺さった。

 第1打席はスライダーを芯で捉えたが二塁手の正面へのゴロ。2打席目は右肩へ死球を受け一塁上では苦笑いもみせた。

 日本人選手が渡米1年目の開幕戦に先発するのは9人目だが、3番に入ったのは筒香が初めて。筒香は柳と3月のオープン戦で対戦。二ゴロ、空振り三振に倒れていたが借りを返した。日本人選手のデビュー戦本塁打は5人目。

 レッズの秋山翔吾外野手(32)は本拠地での開幕戦となるタイガース戦の先発を外れたが、6回に代打で登場。メジャー初打席で中前に適時打を放って初打点を記録した。試合は7-1で勝った。

 相手先発が左腕マシュー・ボイドだったため、ベンチスタートとなったが、チャンスで結果を出した。4-1とリードした6回2死一、二塁。2番手の豪腕右腕ホセ・シスネロに対し、1番のアービンに代わって打席に入った。

 1ボール2ストライクと追い込まれた後ファウルで粘り、6球目の96マイル(154キロ)の外角低めの速球を捉えた。球威に負けずにはじき返し、二塁走者を迎え入れて貴重な追加点を挙げた。2打席目は二ゴロで2打数1安打だった。左翼の守備でも活躍。8回には背走してジャンピングキャッチを見せた。

アクセスランキング