大谷翔平、2年ぶり投手復帰も…1死も取れず無惨5失点KO 最速は153キロ、本来の姿にはほど遠く - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

大谷翔平、2年ぶり投手復帰も…1死も取れず無惨5失点KO 最速は153キロ、本来の姿にはほど遠く

 一昨年に右肘の靱帯再建手術を受けたエンゼルスの大谷翔平投手(26)が26日(日本時間27日)、敵地オークランドでのアスレチックス戦に先発。2季ぶりに投手復帰を果たしたが、1アウトも取ることができず、0/3回を投げて3安打5失点、3四球で降板した。693日ぶりの登板は、制球に苦しみ、調整が不十分であることを感じさせるわずか30球のマウンドだった。4-6で敗れ、負け投手になった。

 18年9月2日のアストロズ戦以来の登板。相手は強力打線を誇る同地区のライバルチーム。2年前のメジャー初登板で初勝利を挙げた相手だが、この日は大谷自身が本来の姿からかけ離れていた。

 1番シミエンに対し初球を93マイル(150キロ)の直球でストライクを取ったところまではよかったが、すぐに表情は厳しくなった。2球目も簡単にストライクを取りにいって中前に弾き返された。

 これで完全に大谷の調子はおかしくなった。2番ラウレアーノに粘られてフルカウントから四球。3番チャプマンも警戒しすぎて四球で無死満塁。さらに強打の4番オルソンには、この日最速となる95マイル(153キロ)の直球で勝負したが制球が定まらず、押し出し四球を与えて先制点を許した。

 首をかしげる大谷だったが、ここまでピンチを広げてしまうと収拾がつかなかった。5番キャンハにはファウル4本で粘られたあとに一、二塁間を破られて2失点。続く6番グロスマンにも右前へ打たれて計4失点。

 さすがに耐えきれなくなったマドン監督がベンチを出て交代を告げた。あまりにもあっけない復帰登板で、うつむきながらマウンドを降りた。救援投手が1点を失い、大谷の失点は5となった。日本ハム時代を含めプロ最短降板となった

 右肘の不安を感じさせる場面はなかったが、まだ腕の振りは全力でないのは明らか。100マイル(161キロ)を超える速球は影を潜め、自慢のスプリットで勝負する場面もなかった。直球とスライダーで組み立てたが、抜けたりひっかかったりで安定せず、結局置きにいったところを痛打されるパターンとなった。

 やはり開幕前にオープン戦の登板ができず、紅白戦だけでの調整では、大谷はマウンドの感覚を取り戻すことは厳しかったのだろう。登板前の25日、大谷は「不安も楽しみもある。緊張はすると思うので、その中でも楽しめたらなと思う。試合の雰囲気をまずつかんでいくのが初回は大事」とテーマを掲げていたが、力を出し切れなかった。

 米スポーツ専門局ESPNは「大谷は期待された復帰マウンドでひとつのアウトを取ることもできず降板した」と失望感。MLB公式サイトも「大谷苦戦」と速報し、「2108年に平均速球は96・7マイル(155キロ)あったが、この日の平均は92・7マイル(149キロ)。スピードも制球もなく、30球中、ストライクは15球だった」とした。

 二刀流は復活したが、納得のいく切れ味まではもう少し時間がかかりそうな雰囲気だ。

 大谷の話「腕がいまいち振り切れていなかったというのは全体的にある。ただ投げているという感覚に近かった。ゲームの感覚の中で抑えられる準備をしたい」

関連ニュース

アクセスランキング