【最先端アマチュアスイング】スローなスイングで飛距離アップ テークバックでは体全体を回す - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【最先端アマチュアスイング】スローなスイングで飛距離アップ テークバックでは体全体を回す

 スローなスイングで飛距離を伸ばすには、インパクト時にロフトが寝ないようにすることが大事です。そのためにはフェースの開閉をできるだけ抑えたほうがいいというお話をしました。

 今回からは、その具体的なやり方を説明していきましょう。

 まずテークバック。形の話からすると、写真〔1〕のように、手元が腰の位置まできたとき(ビジネスゾーンの入り口まで振り上げたとき)、前傾した背中のラインとリーディングエッジが平行になっていて、フェース面が少し地面を向いているというのが理想です。

 しかし、ここで絶対にやってはいけないのは、この角度を意識的に作ることです。なぜならこの形は、フェースを返す動きをしなければ自然にできるものだからです。

 そのことは、次の動きをやることで理解できるはずです。

 前傾をせずに真っすぐ立ち、ヘッドを腰のあたりまで持ち上げます。このとき、正しくクラブを握っていれば、リーディングエッジと背骨とは平行で、この2つのラインは地面と垂直になっているはずです。

 次に、この形をキープしたまま、足だけを地面につけた状態で体全体を右に90度回します。そうすると、テークバックで手元が腰の位置に来たときの形になりますが、このときリーディングエッジ、背骨、地面との関係は、最初の姿勢と全く変わらないことが分かると思います。

 つまり、特になにかをしようと思わなくても、正しい動きをしていれば、フェースは開かないということ。実際のスイングでは、前傾をしているので、その分、フェース面が地面の方を向くだけなのです。

 このテークバックを実現するために大事なのは、体全体を回すということです。写真〔2〕のように上半身だけを回すと、その瞬間にフェースは開いてしまうからです。もちろん、足の位置は全く変わりませんが、フェースを返さないためにも、テークバックでは前傾をキープしたままできるだけ体を回すということを意識してください。

 ■坂本龍楠(さかもと・りゅうなん) 1981年、神奈川県生まれ。2011年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロ資格を取得。豪州仕込みの理論でレッスンを展開し、「YouTube」のレッスン動画は登録者数9万人超。悩めるゴルファーの救世主として絶大な人気を集めている。新宿御苑ゴルフスタジオ主宰。

関連ニュース

アクセスランキング