田子ノ浦親方も「外出泥酔」疑惑 阿炎に続きガイドライン違反か 「芋ロック全て一気で50杯」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

田子ノ浦親方も「外出泥酔」疑惑 阿炎に続きガイドライン違反か 「芋ロック全て一気で50杯」

 「夜の店」に足を運び休場となった東前頭5枚目の阿炎(26)=錣山=に続き、今度は田子ノ浦親方(44)=元前頭隆の鶴=に外出禁止を破っていた疑惑が持ち上がった。

 田子ノ浦親方は酔い潰れたのか、マスクをあごにずらし、寝ている写真がネット上に出回り「田子ノ浦師匠と男飲み。二人で轟沈… しかし覚えてる限りで師匠は芋ロックを全て一気で50杯は飲んでいた。お相撲さんはやっぱ凄いわ。」と記されている。23日(5日目)の投稿で、これが部屋の外なら大問題だ。

 7月場所開催にあたり、ガイドラインが授けられ、親方、力士や協会員は外出禁止。国技館の往復は立ち寄りも許されず、飲み物の購入だけが許されている。

 9日目の27日、両国国技館内の会議室に協会職員らが出入りする、慌ただしい光景が繰り広げられていたが、田子ノ浦親方の問題が話し合われていた可能性もある。事実なら田子ノ浦親方の行動はガイドラインに反するもの。田子ノ浦部屋には今場所は東前頭13枚目の元大関高安らが在籍しているが、弟子を指導する立場の師匠として、あるまじき行動といえる。

 阿炎の問題を受け、芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「各部屋に理事長名で1人1人協会員にガイドラインをしっかり熟知してもらうよう通達する。30ページもあるガイドラインを最初から最後まで熟読するのは大変だけど、一般常識でも役立つ内容。熟知してもらわないと困る」と訴えたが、また新たな問題が降りかかった。

関連ニュース

アクセスランキング