谷口徹、キャディーついたら好発進! 4打差の4位タイ 国内シニア開幕戦 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

谷口徹、キャディーついたら好発進! 4打差の4位タイ 国内シニア開幕戦

 ■国内男子シニアゴルフ「ISPS HANDA コロナに喝!! シニアトーナメント」 第1日(30日、静岡・朝霧CC=6788ヤード、パー72)

 シニアツアーは新型コロナウイルスの影響で中止が続いていたが、急きょ開催の決まった開幕戦は柳沢伸祐(54)が8アンダーで単独トップ。シニア3年目となる谷口徹(52)は、4アンダーの4位タイと好発進を切った。

 雨が降り濃霧で約1時間半の中断もあったが、入場無料で323人の観客が来場した。

 谷口は今季初戦。レギュラーツアーでも活躍しているが、エキシビションとなった3週前の「ゴルフパートナー」に出場しなかったのは、感染防止のためキャディーがつかず、自分でバックを担ぐ必要があったからだ。

 谷口は「トーナメントはキャディーがいてくれて初めて成り立つ。やっぱりキャディーも含めてチームで戦っていますので。プレーに集中できない」と説明。「序盤はバーディーが取れなくてテンションがだいぶ下がってきていましたけど。9番で取れたので、ちょっとやる気になりました」と後半は3バーディーを奪い、最終日(31日)に逆転Vを目指す。

関連ニュース

アクセスランキング