【トラとら虎】阪神、マルテ戦列復帰なら…「4番・大山」どうなる!? - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

阪神、マルテ戦列復帰なら…「4番・大山」どうなる!?

 阪神の大山悠輔内野手(25)が4番打者として正念場を迎えている。開幕時の4番、ジェフリー・マルテ内野手(29)が左足の故障も癒え、8月中旬には戦列復帰してくるからだ。

 「当然、大山はマルテを意識しているし、危機感もある。今後も結果を残さなければ控え要員になりかねないから、ここ2週間が勝負」と球団OBも注目する。

 そもそもいまの4番の座は、実力で勝ち取ったものではなかった。マルテが7月4日の広島戦(マツダスタジアム)で、左足のふくらはぎを痛め退場。翌日の同カードから代役で「4番・三塁」に抜擢(ばってき)されたのがきっかけだった。この試合で本塁打を含む2安打3打点の大活躍。即チャンスを生かしたあたり大山も成長したが、合わせてチームが軌道に乗り始め、矢野監督はラッキーボーイを外せなくなった。

 「何より目につくのはスイングの速さ。下半身主導で、力みが消えミスショットが少ない。自信をつけたせいか、常に早いカウントから積極果敢にフルスイング。これも好結果を呼んできた」と首脳陣は分析する。

 7月30日には規定打席に到達。同時点の打率・290、8本塁打、20打点は、他チームの4番打者とあまり遜色なく、サンズ、ボーアと形成するクリーンアップは、猛虎のセールスポイントになりつつあるのだが…。

 もっとも、本来の4番マルテが1軍に合流すれば、矢野監督は二者択一を迫られることになる。このまま大山で押し通すか、それとも元の形に戻すのか。「いずれせよ大山次第。好調を持続すれば弱体の外野に回し、生え抜きの4番として育てる手もある。不調なら外せばいいだけの話」と先のOBは進言する。

 難題に思案の矢野監督はいまのところ明言を避けているが、果たしてどんな決断を下すのか。(スポーツライター・西本忠成)

関連ニュース

アクセスランキング