【最先端アマチュアスイング】スローなスイングで飛距離アップ 体を回したら右ヒジを曲げて伸ばす - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【最先端アマチュアスイング】スローなスイングで飛距離アップ 体を回したら右ヒジを曲げて伸ばす

 テークバックで体全体を回せば、フェースが開かなくなり、手元が腰の位置まできたハーフウェイバックではフェース面が地面を向いた状態になるという話を前回しました。

 さて、ここからが、「フェースの開閉を抑えたスイング」を実現するためのキモになります。一般的にハーフウェイバックからは、右ワキが開かないように、右ヒジを絞りながらクラブを振り上げる人が多いと思うのですが、そうすると、フェースは開く方向に動きます。

 この開きを抑えるために、ハーフウェイバックからは、写真〔1〕のように右ヒジを外に張るように曲げることが重要なポイントになります。一度やってみれば分かると思いますが、右ヒジを外に曲げるだけならば、フェース面は地面を向いたままで、その向きはほとんど変わらないからです。

 そして、右ヒジを曲げきったところでバックスイングは完了。クラブが地面に対して垂直のままなので、ヘッドの重みでクラブが寝た状態にならないというのもこのスイングの利点です。

 クラブが立ったままという状態に違和感を覚える人も多いでしょうが、エネルギーロスを抑えるためにはこれがベストの形です。

 そしてトップからの切り返しでは、曲げていた右ヒジを元に戻します(〔2〕)。そうすると、テークバックで手元を腰の位置まで上げた状態に戻ります。あとは、体全体を元に戻せばいいだけです。

 バックスイングでの「右ヒジを曲げる」動きはもちろん、切り返しからの「曲げた右ヒジを伸ばす」動きも、ほとんどのゴルファーが意識したことがないのではないかと思うので、その動きに慣れるのに多少時間がかかるかもしれません。

 しかし、動作的には単純で、一度身に付けてしまえば、スイング軌道の狂いも抑えられるし、何よりも常に同じロフト角でボールをとらえることができるようになるので、飛距離も安定します。

 まずは素振りの段階で、「右ヒジを曲げて伸ばす」動きを繰り返しやってみてください。

 ■坂本龍楠(さかもと・りゅうなん) 1981年、神奈川県生まれ。2011年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロ資格を取得。豪州仕込みの理論でレッスンを展開し、「YouTube」のレッスン動画は登録者数9万人超。悩めるゴルファーの救世主として絶大な人気を集めている。新宿御苑ゴルフスタジオ主宰。

関連ニュース

アクセスランキング