【まだ飛ばし足りねぇ!!】GG後藤の第5条 ダウンスイング3つのポイント - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【まだ飛ばし足りねぇ!!】GG後藤の第5条 ダウンスイング3つのポイント

 飛ばしたい時は体の「沈み込み」と「跳ね上がり」が大切であり、上下の体重移動が不可欠です。この体のポンプアップ動作によって地面の反力を飛ばしパワーにプラスできます。

 さらには、ダウンスイングへの切り返しの際にシャフトをどれだけしならせられるかが、飛ばしのポイントになります。しならせるにはテークバックからトップスイングに達する最中にダウンスイングの切り返しを始めることが大切です。「クラブを振り上げている最中に切り返す」イメージです。クラブヘッドとグリップを互いに反対方向に動かす結果、シャフトがしなるのです。

 ダウンスイングでは次の3つのポイントを大切にしています。

 ①インサイドからクラブヘッドを下ろすこと(アウトサイドからヘッドを振り下ろすとカット軌道になり、ボールを押せないので強い球を打てません)。

 ②シャフトリリースを早くしない(切り返しで作ったシャフトのしなりをリリースで早めると、ヘッドの加速にブレーキが掛かります。インパクト直前までシャフトのしなりをキープする必要があるためです)。

 ③重力を使って振り下ろす(クラブは上から下に振り下ろします)。

 とりわけ③に関しては、クラブの重さを感じながら上から下に落とす意識を持ちましょう。ヘッドスピードが加速しやすくなるはずです。重力と地面の反力をフル活用してこそ、最大飛距離をマークできるのです。

 ■イチ推しアイテム アディダス ゴルフシューズ コードカオス

 いろいろなゴルフシューズを試してきました。最も重視したのは、地面を蹴り上げるパワーをスイングに伝えやすいかどうかです。たどり着いたのがアディダスのコードカオスでした。足の動きに順応し、快適な通気性とフィット感に優れています。スパイクレスながら、グリップ力も抜群です。足元のパワーロスがないため、飛ばしの大きな武器になってくれます。

 ■後藤正幸(ごとう・まさゆき) 1984年7月13日生まれ、栃木県出身。12年前からゴルフを始め、ドラコン大会には5年前から出場。19年JPLA主催『LOWMEL CUP』の5月、12月大会で優勝。世界ドラコン選手権日本大会を制して日本代表として世界大会に出場。2019年は年間14勝を挙げた。ドラコンのプロ登録名が「GG後藤」(ジージーゴトウ)。ドラコン界のGGがニックネーム。YouTubeチャンネル『GG後藤ちゃんネル』。自己最長飛距離418ヤード(2018年LDJ仙台大会)。身長176センチ、体重88キロ。

 LDJとは?ロングドライバーズ・オブ・ジャパンの略で、ワールドロングドライブアソシエーション(WLDA)公認の日本唯一の組織。日本大会各部門優勝者および優勝に準ずる上位者には世界大会への出場権が与えられる。本部・(株)LDJ=千代田区飯田橋2ノ12ノ1。Tel03・6261・0929

関連ニュース

アクセスランキング