「東京五輪は安全な環境下で」 IOCバッハ会長が明言 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

「東京五輪は安全な環境下で」 IOCバッハ会長が明言

 国際オリンピック委員会(IOC)は9日、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期した東京五輪について「世界保健機関(WHO)のリスク管理と緩和措置に従う。全ての関係者が安全な環境で五輪が開催されるよう、この原則を守る」との立場を表明した。コーツ調整委員長がウイルスの状況に関係なく五輪は開催されると発言したことを受け、IOCの公式見解を文書で回答した。

 IOCはこの日オンライン形式の理事会を非公開で開き、東京五輪の対応策を協議。公式見解では「来年7月23日の開幕という目標に100パーセント集中しており、それ以外は臆測にすぎない。五輪開催に向けて日本政府や東京都、大会組織委員会が提起する選択肢を議論する用意がある」と協力姿勢を強調した。

 会議終了後にバッハ会長が電話記者会見し、「今後の数週間でコロナ対策の異なるシナリオについて、重要かつ集中的な協議をする。すべての関係者にとって安全な環境で開催するという原則を守る」と述べ、安全な環境下でのみ開催するとの従来の見解を改めて強調した。

関連ニュース

アクセスランキング

×