筒香レイズ、チャンピオンリング獲得あるぞ! 「先発投手」「ブルペン」で高評価 公式サイト戦力ランキング - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

筒香レイズ、チャンピオンリング獲得あるぞ! 「先発投手」「ブルペン」で高評価 公式サイト戦力ランキング

 16チームに拡大された大リーグのプレーオフが29日(日本時間30日)から開幕する。大リーグ公式サイトは戦力をランキング。高い評価を受けているのは、投手力が整っている筒香嘉智外野手(28)のレイズと総合力で勝るドジャース。前田健太投手(32)のツインズも穴がない。田中将大投手(31)のヤンキース、ダルビッシュ有投手(34)のカブスはやや苦戦が予想されている。

 打線(1)ブレーブス(2)ドジャース(3)ヤンキース(4)ツインズ(5)パドレス(6)ホワイトソックスと破壊力のあるチームが高い評価を受けている。

 ヤンキースは、ジャンカルロ・スタントン、アーロン・ジャッジの大砲やルーク・ボイト、DJ・レメイヒューらで充実しているが、調子自体は下降線なのが気になる。

 ツインズは、死球で休養していた俊足強打のバイロン・パクストンの復帰で戦力が整うことになりそうだ。

 先発投手(1)レイズ(2)インディアンス(3)ドジャース(4)ツインズ(5)パドレス(6)ヤンキース。

 特に強力なのがレイズで、ブレイク・スネル、チャーリー・モートン、タイラー・グラスノーの3本柱。同サイトは「この3人がチームをチャンピオンシップに導くだろう」としている。

 ツインズの前田とホセ・ベリオスの2枚看板も「2人のエース」と評されているが、この後に続く好調な投手がいないのがやや不安。

 ヤンキースの豪腕ゲリット・コール、田中、J・A・ハップの3人もバランスがいい。「ヤンキースはこの10月、この3人の先発投手がいれば十分だ」とされている。

 ブルペン(1)レイズ(2)アスレチックス(3)ブルワーズ(4)ヤンキース(5)パドレス(6)カブス。

 ここでもレイズが最高評価。「ここよりうまく終盤のイニングを乗り切れるチームはない。抑えのニック・アンダーソンの他、ケビン・キャッシュ監督が試合を締めくくるのに信頼できる救援投手が7、8人はいる」

 守備(1)カージナルス(2)ドジャース(3)インディアンス(4)ホワイトソックス(5)カブス(6)レイズ。

 カブスのダルビッシュにはニコ・ホーナー、ハビアー・バエズの二遊間は心強い。(11)ヤンキースと評価が低いのが気になる。

 控え戦力(1)ドジャース(2)ホワイトソックス(3)レイズ(4)アスレチックス(5)ツインズ(6)インディアンス。

 「レイズは(故障中の)崔志萬(チェ・ジマン)、ヤンディ・ディアスが戻ってくれば、(戦力が最強の)ドジャースのライバルとなる」(同サイト)

 NBCスポーツは、総合戦力を(1)ドジャース(2)レイズ(3)パドレス(4)インディアンス(5)ツインズ(6)レッズ(9)ヤンキース(11)カブス(12)ブルージェイズ(15)アストロズと評価。ここでもレイズの躍進が予想されている。レギュラーシーズンでは苦戦した筒香だが、ここからが本領発揮のチャンスともいえる。

関連ニュース

アクセスランキング

×