【メジャーの旅】大リーグの歴史を変えた男! イチロー氏が「歴代新人王ランキング」で2位 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

大リーグの歴史を変えた男! イチロー氏が「歴代新人王ランキング」で2位

 大リーグがア、ナ両リーグの新人王、最優秀監督賞、サイ・ヤング賞、MVPという順に各賞の受賞者を発表。それを受け、MLB公式サイトが歴代新人王ランキングでイチロー氏を2位に選出し話題となった。

 2001年、大リーグ史上初の日本人野手としてマリナーズでデビュー。当初は投手と違い野手が通用するか疑問視する声も多かった。ルー・ピネラ監督さえ「打率・280、25-30盗塁ぐらいだろう」と期待せず。正直、私もそう思った。

 ところが、念願のメジャー1年目からいきなり1番打者として大活躍。両リーグトップの打率・350を残し、ア・リーグ首位打者を獲得。あの伝説の大打者シューレス・ジョー・ジャクソンが持つ新人最多記録更新の242安打も放った。

 さらに自慢の俊足を生かし、リーグ最多の56盗塁をマーク。黒人大リーガー第1号ジャッキー・ロビンソン以来の首位打者と盗塁王を獲得。ライトの守備では「レーザービーム」と称される強肩を披露し、ゴールドグラブ賞にも輝いた。

 こうして、異国の地で全てを成し遂げ、1995年ドジャース野茂英雄、2000年マ軍佐々木主浩に次ぐ日本人3人目の新人王を獲得。また、メジャータイ記録の116勝で地区優勝に貢献しMVPも獲得。史上2人目の同時受賞を果たした。

 ちなみに、史上初めて新人王&MVPに輝いたのはフレッド・リン。72年に第1回日米大学野球で来日し、日本のエース山口高志(関大)から豪快なホームラン。75年新人でレッドソックスのリーグ優勝に貢献し、同時に2つの賞を手にした。

 歴代の新人王に話題を戻すと、1位は前述のロビンソン。47年ド軍で人種差別と闘い続けながらも打率・297、チーム最多の12本塁打、リーグ最多の29盗塁をマーク。その年、大リーグに新人王が制定され、初の受賞者となった。

 その人種の壁を破り、米国人として一番のヒーローとなったロビンソンに次いで2位に選ばれたイチロー氏。それぐらい彼の登場も大リーグの歴史を変える出来事だったことを改めて思い知らされる。 (大リーグ評論家・福島良一)

関連ニュース

アクセスランキング

×