【江尻良文の快説・怪説】日本ハム・清宮をソフトバンクに移籍させる必要性 栗山監督から想定外の喝! かつての王氏お墨付きも空手形 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

日本ハム・清宮をソフトバンクに移籍させる必要性 栗山監督から想定外の喝! かつての王氏お墨付きも空手形

 日本ハム・栗山監督が、4年目の清宮に想定外の「喝!」。紅白戦(25日・名護)で2三振を含む4タコの結果に「たったあれだけの打席しかないのに、20は文句を言いたいね」と酷評した。が、球界ご意見番・張本氏なら「喝!は栗山監督の方だ」と、論破するだろう。

 清宮は早実の大先輩・ソフトバンクの王球団会長を目指してプロ入り。王氏も、高校時代から注目された清宮にこう太鼓判を押していた。

 「3年生になって苦手だった外角へ逃げるスライダーを打てるようになった。プロでも通用するよ」

 そして、当時巨人入りして将来の4番と期待されていた岡本まで引き合いに出し、「巨人の4番を期待される岡本も間違いなく大成するが、清宮の方が時間がかからないと思うよ」と。

 一方、王氏とプロ入り同期で、「ワンちゃんが世界の王ならオレはアジアの張本」と自任する張本氏はこう話していた。

 「清宮は世界の王を目指してプロ入りするのだから、ワンちゃんに直々指導を受けるのがベストだ。清宮は世界の王に任せるのがベストだ」

 王氏もそう思っていたから、ドラフト1位指名した。が、当たりくじを引いたのは日本ハム。

 プロ入り後の清宮はケガに泣かされ、王氏の後継者どころか、レギュラーにもなれない惨状。王氏のお墨付きも空手形という不幸な現状になっているのだ。

 清宮が伸び悩んでいるのは、育てられない日本ハムにも責任がある。こうなったら、王氏に清宮再生を託すのがせめてもの罪滅ぼしだろう。

 そうすれば、張本氏も「遅まきながらアッパレ!」と言ってくれるかもしれない。(江尻良文)

関連ニュース

アクセスランキング

×