水谷隼、伊藤美誠が卓球混合ダブルスで“金” 「国技で負けた」屈辱の中国、「反則」連呼で負け惜しみ 王者陥落に香港で広がる歓声 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

水谷隼、伊藤美誠が卓球混合ダブルスで“金” 「国技で負けた」屈辱の中国、「反則」連呼で負け惜しみ 王者陥落に香港で広がる歓声 (1/2ページ)

 東京五輪から導入された卓球の新種目、混合ダブルスの決勝が26日夜、行われ、日本の水谷隼(32)、伊藤美誠(20)組が中国の許●(=日へんに斤)(31)、劉詩●(=雨かんむりに文の旧字体)(30)組をフルゲームの末に下し、日本卓球界史上初の五輪金メダルを勝ち取る悲願を達成した。2008年の北京五輪以降、3大会で全種目を制してきた卓球王国・中国では「国技でも負けた」などと衝撃が走り、その負け惜しみから日本組の反則疑惑の非難で沸騰。一方で圧政に苦しむ香港では、まさかの金星に歓声が上がった。

 ■順当勝ち一転

 中国大手ニュースサイト「網易」によると、試合後に女子シングルス世界ランキング7位の劉詩●(=雨かんむりに文の旧字体)は「自分は大丈夫だがチームに申し訳ない」と泣き崩れたという。

 会見でも中国メディアから「大勢の国民が応援していたのになぜ勝てなかったのか」と責めるように問われ、「この結果を受け入れるのはとてもつらい。とても申し訳なく思う。全力を出し切れなかった」とうなだれた。

 試合序盤はいつも通りの光景だった。世界女王にも輝いた実績を持つ劉詩●(=雨かんむりに文の旧字体)と、パワフルなプレーが持ち味で世界ランキング2位の許●(=日へんに斤)の最強ペアは第1、第2ゲームを連取。王者が貫禄の順当勝ちと思われた。だが伊藤は通常と逆に強く回転をかけたバックハンドレシーブ「逆チキータ」を見舞うなど強気のプレーで対抗し、水谷もコートを縦横無尽に飛び回ってドライブをたたき込み続け応戦。ここから3ゲームを日本組が連取した。

 関係者席には、巨大な国旗を手に中国のスタッフらが30人以上集結。まさかの劣勢で、無観客開催で御法度のはずの「加油中国隊!」という声援が会場に響き、中国組が1ゲームを取り返した。

 獲った方が金メダルの最終ゲームでは、伊藤が8連続得点するなど日本が圧倒。卓球王国の牙城が崩れた。衝撃の一報が届いた母国では、国営中央テレビの司会者が「中国の卓球チームを信じてください」と訴え、視聴者に落ち込まないよう呼び掛けた。中国共産党機関紙「人民日報」(電子版)は、中国卓球協会の劉国梁会長が「伊藤美誠は現在中国の最高級の選手にも負けない強さがある」などと称賛するコメントを紹介。中国の短文投稿サイト「微博」(ウェイボ)は「受け入れられない」「ついに『国技』でも日本に負けたね」と深い失望感に支配された。

 ■深い失望感…

 さらにSNSでは、日本組が反則で金メダルをかすめ取ったとの批判が燃え広がった。伊藤が卓球台に手を載せる写真や水谷がサーブ前にボールを持ちながら息を吐く映像が拡散され、ウェイボでは一時トレンド入り。こうした行為は通常なら問題ないが、コロナ下の今大会では確かに感染防止の観点で、「卓球台の上で手を拭かない」「ボールに息を吹きかけない」は試合中の禁止事項に追加されている。これまでの習慣で思わず違反したとして、中国組や審判から指摘はなく、勝敗にまで直結したとも考えづらい。感染防止の観点でいえば、中国側の声援の方がよっぽど問題だ。これも“お家芸”で出し抜かれたくやしさの表れといえようか。

関連ニュース

アクセスランキング

×