中国でスケートボード金メダリスト「堀米雄斗」の名前が無断で商標申請 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

中国でスケートボード金メダリスト「堀米雄斗」の名前が無断で商標申請

 東京五輪のスケートボード男子ストリートの金メダリスト、堀米雄斗(22)の名前が中国で無断に商標として登録申請されていることが分かった。

 中国国家知識産権局のサイトによると、堀米の金メダル獲得から3日後の7月28日、個人名義で「堀米雄斗」の商標登録が申請された。

 リオデジャネイロ五輪前の2016年6月には広東省深●(=土へんに川)市の企業が卓球女子の伊藤美誠(20)の名前を申請。フィギュアスケート男子の羽生結弦(26)の名前も17年以降、10件申請された。既に大半の申請に対し、無効との判断が出ている。

 中国は19年に商標法を改正し「使用を目的としない悪意による商標登録出願は拒絶する」と規定。堀米に関する申請も認められない可能性が高いとみられる。

関連ニュース

アクセスランキング

×