新横綱の照ノ富士「勝って恩返し」白鵬へ強い意識むき出し 「品格は自分の生き方で勝負」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

新横綱の照ノ富士「勝って恩返し」白鵬へ強い意識むき出し 「品格は自分の生き方で勝負」

 大相撲秋場所(9月12日初日・両国国技館)の新番付が発表された30日、新横綱照ノ富士(29)=伊勢ケ浜=が会見。先輩横綱の白鵬(36)=宮城野=への強烈な意識をむき出しにした。

 名古屋場所後の昇進伝達式で、照ノ富士は「横綱の品格、力量の向上に努めます」と口上。土俵内外での振る舞いが問題視されてきたモンゴルの先輩横綱、朝青龍と白鵬を反面教師にした文言なのは言うまでもない。

 照ノ富士は口上について、「品格は人それぞれ考え方は違うし、“こういうもの”というのもないと思う。だからこそ、自分の生き方で勝負していきたい。これからの自分(の姿)が、考えている品格と思ってもらえれば」と真意を説明。「いつもより責任感を持って行動しないといけないと思っている。土俵の上でも下でも、みんなに尊敬される横綱になりたい」と抱負を語った。

 この日は白鵬にも言及。「角界に入る道を開いてくれた先輩」と立てつつ、「勝って恩返ししたいと思っていた」と早くも火花を散らした。

 なお、肝心の白鵬は出てこず。番付発表会見は通例では新三役、新入幕といった昇進力士とともに前場所優勝力士が行うものだが、名古屋場所で全勝優勝しながら白鵬の会見は後日、行う予定だという。相変わらず制御不能の大横綱に、品格を掲げる新横綱が挑む秋場所だ。 (塚沢健太郎)

関連ニュース

アクセスランキング

×