アーセナル加入の冨安に“先輩”岩渕真奈がエール 現地ファン「ぜひ男子チームに入ってくれ」 「なぜDFを獲得する?」の声も… - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

アーセナル加入の冨安に“先輩”岩渕真奈がエール 現地ファン「ぜひ男子チームに入ってくれ」 「なぜDFを獲得する?」の声も…

 サッカー、英プレミアリーグの名門アーセナルが1日、日本代表DF冨安健洋の獲得を発表したことを受け、同クラブの女子チームでプレーする日本女子代表のエース、岩渕真奈が「日本代表として一緒にアーセナルを盛り上げられるように頑張りましょう」などと動画コメントでエール。現地ファンから「ぜひ男子チームに入ってくれ」などのコメントが寄せられている。

 今年5月にアーセナル・ウィメンFCに加入した岩渕は、同女子チームの公式ツイッターを通じて「Welcome to The Arsenal, Takehiro Tomiyasu。冨安選手、こんにちは。日本代表として一緒にアーセナルを盛り上げられるように頑張りましょう」とチームの“後輩”にエール。「男子の応援もしているので、ぜひ女子の応援もよろしくお願いします。頑張りましょう」と笑顔で手を振りながら呼びかけた。

 “先輩”からの嬉しいメッセージは男子チームの公式ツイッターでもシェアされ、現地ファンから「日本語は理解できないけど、温かい言葉を掛けていることはわかるよ」「彼女の言葉が分かったらよかったけど。日本語って美しい響きの言語ね」「タケヒロ・トミヤスって発音するところがなぜか好き」「女子の中でもトッププレーヤー」といったコメントが書き込まれている。

 とはいえ、過去13回のリーグ優勝を誇る男子チームは今季開幕3連敗でスタートダッシュにつまずいた。ファンからは「ぜひ男子チームに入ってくれ」「男子チームに、サイドから切り込んでゴール上にシュートを決めるスキルを教えてあげてくれ」といった嘆声も聞こえてくる。

 冨安については「どういう選手かよく知らないが、とにかくいまのディフェンス陣からアップグレードされるならそれでいい」「そこそこ上背があってフィジカルも強そう。両足使えてどこでもプレーできるらしい」「トミヤス、ぜひアーセナルを立て直してくれ」と期待の声が寄せられており、同クラブも公式オンラインショップで早くも冨安のレプリカシャツを販売するなど盛り上げようとしているが、多くの現地ファンは「開幕3連敗でしかもいまだノーゴール。なぜDFを獲得するんだ?」「必要なのはMFだ。なぜアワール、サウールやグリーズマンを獲得しなかった?」「よく分からん選手を取るな。もっと賢く金を使え!」などと、クラブの強化方針に疑問の声が殺到。過去に所属した稲本潤一、宮市亮、浅野拓磨がクラブ内で地位を確立できなかったこともあり、「これまでアーセナルで成功した日本人はいない」と白け気味のコメントも散見される。

 とはいえ冨安はJリーグの福岡、ベルギーリーグのシントトロイデン、イタリア1部のボローニャと確実にステップアップし、日本代表でも守備の要として存在感を発揮しているだけに、「とりあえずどんな変化をもたらすのか見てみようじゃないか」「まだ誰も彼のプレーぶりを知らない。だからさっそくからかうのはやめよう」と呼びかけるファンも多い。 (zakzak編集部) 

関連ニュース

アクセスランキング

×