【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】ドライバーで飛ばすのにアッパーブローは必要なし - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】ドライバーで飛ばすのにアッパーブローは必要なし

 ドライバーで飛ばすためにはアッパーブローに打たなければいけない。そう思っている人も多いのではないでしょうか。

 しかし、アッパーブローに打ったからといって、必ずしも飛距離が伸びるとは限りません。

 例えば、ティーアップを高くしてアッパーブローに打った場合、その軌道なりに打ち上げただけではロフトも上を向いてしまいます。高い弾道になるだけで飛距離は逆に落ちてしまいますし、手を返しながらアッパーブローに打てばスピン量が少なくなり過ぎてボールは失速してしまいます。

 さらにスイング面では軸が傾いて右肩が下がったり、下半身が回転せずにブロックされてインパクトで手が急激に返ってチーピンになったりするなど、いろいろな弊害がでてきます。

 ですから、ドライバーでも他のクラブと同じようにヘッド軌道の最下点でボールをとらえることをお勧めします。

 加えて、今どきのドライバーは、ヘッド構造や重心コントロールによってヘッド軌道の最下点で打ったときに理想的な球筋で飛んでいくように作られています。

 詳しくいえば、最下点でボールをスクエアにヒットするだけで、自動的に適正なスピン量と理想的な打ち出し角度で飛んでいってくれるということです。

 つまり、今のドライバーはアッパーブローに打つ必要がないのです。

 また、ドライバーだけアッパーブローに打つと他のクラブのスイングが狂う原因にもなります。

 ドライバーを含め、すべてのクラブをヘッド軌道の最下点で打てるようになるためには、グリーンマットから直ドラで打つか、それが難しければ全クラブ同じティーの高さで打つという練習が効果的です。ぜひ試してみてください。

関連ニュース

アクセスランキング

×