【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】ドライバーのボールの位置は「左足かかと内側線上」で本当にいいのか? - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】ドライバーのボールの位置は「左足かかと内側線上」で本当にいいのか?

 ドライバーのボールの位置は「左足かかと内側線上」というのが定説となっています。しかし、昨今の可変式ドライバーの可変するたびにフェース角が変わるという特徴の弊害もあって、多くの人が正しいボールの位置とフェース角で構えられないでいるようです。

 ツアー選手のドライバーのインパクトを調べてみると、左腕とシャフトが一直線に、なおかつ鉛直になったところでボールをとらえています。ゆえに正しいボールの位置はスイング軸である背骨を基準にして肩幅半分ぐらい左の左ワキの前あたりになるといえます。

 それなのになぜ「左かかと内側線上」が定説になったかというと、それはスタンス幅との兼ね合いが関係します。

 平均的な体型の人のスタンス幅は、昔から肩幅よりも少し広いぐらいが良いとされてきました。その幅で構えたときの姿を正面から見てみると左ワキの前と左かかと内側線上という2つの表現する場所が一致し、構えた本人が自ら見下ろしてボールの位置をチェックできるのが「左かかと内側線上」の方だったので定説となったわけです。

 そういわれてみれば、左ワキの前という位置は構えながら自分でチェックできないし、鏡に正面から映したとしても目線の位置がずれると正しく映らないので、これをチェックするためには写真やビデオなどを使用するしかないのです。

 重要なのは、スタンス幅を常に一定に保つこと。

 ほとんどの人がドライバーでのスタンス幅は毎回違うといっても過言ではありません。そんな状態で「左かかと内側線上」を基準にするとボールの位置は左ワキの前からずれてしまうので、良いスイングをしても安定したナイスショットを毎ホール繰り返すことができなくなるということを覚えておいてください。

関連ニュース

アクセスランキング

×