【新発想 2重振り子スイング】飛距離を得るために会得したい地面へ圧を掛ける動き 踏み込みと腕の動き“一番飛ぶズレ”を見つけよう - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【新発想 2重振り子スイング】飛距離を得るために会得したい地面へ圧を掛ける動き 踏み込みと腕の動き“一番飛ぶズレ”を見つけよう

 大きな飛距離を得るためには、バックスイングでためたエネルギーをボールにぶつける動きが必要なのは皆さんもご存じの通り。ただ、多くの人は、右から左への体重移動でそれが実現すると思っているようですが、実はそれだけでは不十分です。

 大きな力を爆発させるためには、次の3つの動きが必要になってきます。

 その3つとは、「右側に力を加えながら重心を左に移動する横へのスライド」「地面を蹴ることで下(地面)に向かって圧を掛ける動き(最近よく言われる“床反力”のことです)」、そして「体をひねる動き(回転)」です。

 実際、飛ばしている人は、この3つを微妙にズラしながらやることで、大きな飛距離を獲得しています。

 一方、アマチュアゴルファーはというと、3つともやっていない人がほとんどです。このような体の力を使わず、ただ手で打っているだけなので、体力がある人でも飛距離が伸びないのです。

 とはいうもののこの3つを一度にやろうとするのは無理があります。だからまずは、ひとつだけでも意識してやるようにしましょう。それに、ひとつの動きをマスターすれば、その他の動きも自然と引き出されるようになるからです。

 そのひとつとしてオススメしたいのは、地面に対して圧を掛ける動きです。バックスイングで左足カカトを上げたら、切り返しで踏み込んで地面に圧を掛ける(写真〔1〕、〔2〕)。それと同時に腕を引き下げてみてください。そうすると踏み込む動きと腕の動きとの間に少しズレが生じるはず。大事なのはこのポイントで、どれぐらいズレたときが一番飛ぶかを自分なりに見つけることが重要になってきます。

 これに関しては、ヘッドスピードが速くなるというデータ的な要素も必要ですが、振り心地の良さやタイミングの取りやすさも重要です。人から教えられるものではなく自分で見つけるものなので、スイングしながら調整してみてください。

 ■新井淳(あらい・じゅん) JGTOメンバーを経て指導の道へ。打撃動作を研究し、「2重振り子スイング」という独自の理論を確立した。現在、YouTubeチャンネル「新井淳・スコアパーソナルゴルフ」を展開中。「Score personal golf lesson」(小田急線小田急相模原駅近く)も主宰しており、スタジオには、全国から悩めるゴルファーが集まってくる。

関連ニュース

アクセスランキング

×