カーリング・北海道銀行が先勝 北京冬季五輪女子代表決定戦 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

カーリング・北海道銀行が先勝 北京冬季五輪女子代表決定戦

 カーリングの北京冬季五輪に向けた女子日本代表決定戦は10日、北海道の稚内市みどりスポーツパークで開幕し、第1戦は今年の日本選手権覇者の北海道銀行が延長の末、昨年の日本選手権を制したロコ・ソラーレに7-6で競り勝った。北海道銀行が終盤に要所で精度の高いショットを決めた。第8エンドに2点を取って追いつくと、6-6から有利な後攻で迎えた延長で1点を奪った。

 代表決定戦は最大5試合。先に3勝したチームが日本代表となり、12月の五輪出場枠を争う最終予選(オランダ)に出場する。11日には2試合が行われる。

 北海道銀行のスキップ吉村は延長第11エンドの最終投、勝敗が懸かった重圧の中でも冷静にストーンをハウス(円)内に止めるドローショットを決めた。今まで苦手だったこのショットが試合を通じてさえ「今までにないリラックス感があった」と、オフシーズン中に取り組んだ課題克服に手応えを感じていた。

 後半にじわじわと追い上げる展開は2月の日本選手権決勝でロコ・ソラーレを破ったときと同じ。吉村も試合中盤にそのことが頭によぎったというが、浮かれることもばたつくこともなく「最後まで落ち着いてプレーできたのはすごく良かった」と次戦へ自信を深めた。

アクセスランキング

×