【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】スタンスは飛球線と平行がスクエアなのか - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】スタンスは飛球線と平行がスクエアなのか

 アドレスをスクエアに構えることは絶対的な基本といえますが、何を基準に構えればいいのか。スタンスの両足先にクラブを置いてスクエアな向きをチェックしている人をよく見かけますが、実際はスタンスの向きではなく、身体の向きを優先的に「飛球線と平行」に合わせることがスクエアの基準となります。

 なぜなら、スイング軌道を決定づけるのは、スタンスではなく身体の向きだからです。

 その中でも両肩を結んだ線の向き(上半身の向き)をスクエアにすることが最優先で、そこを合わせてから両ヒジ、骨盤、両ヒザ、スタンスの順番で向きを調整していきます。

 ロボットのようにゆがみのない個体ならば両肩からスタンスまですべてスクエアに構えられますが、人間なら誰でも多少ゆがみはあるもの。

 しかも、ゴルフはいつも水平面から打てるわけではなく、複合的な傾斜地からのショットも求められます。そんな状況の中で常に目標に対してスクエアに構えるためには、上半身の向きを最優先に合わせることが大切なのです。

 一方、スタンスに関しては意識的にオープンやクローズに構えた方が、両足の支持面積が広がり前後左右への動きの安定度が増大する場合があります。

 例えば、電車の中で立っているときに足を平行にしているよりもクロスさせたほうが安定したり、ボクシングで足が平行にそろったら倒れやすかったり、野球やテニスでボールを打つときに意識的に足をクロスさせるとシャープに振れたりします。

 これらと同じように、重心を揺さぶりながら捻転運動を行なうスイングも下半身の安定度を増大させてパワーを引き出すために、オープンやクローズに構えることは、より効果的な方法ともいえるのです。

関連ニュース

アクセスランキング

×