【菅原大地のサイコースイング】左への曲がりを抑える応急処置はどうする? 両ヒザを動かして、しっかり体を回転 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【菅原大地のサイコースイング】左への曲がりを抑える応急処置はどうする? 両ヒザを動かして、しっかり体を回転

 ラウンド前の練習で左に曲がるボールばかりが出る場合はどうするか。基本的には、根本的な修正はしないで、出た球がその日の持ち球だと考えてプレーをするのがいいのですが、軽い修正であれば試してみてもいいでしょう。

 まずやるべきは、体を回すこと。大事にいきたいという気持ちが強いとついつい当てにいくような動きになって体の動きも止まってしまって左に引っ掛けやすくなります。そうならないためにもテークバックでは左ヒザが前、ダウンスイングでは右ヒザが前に出るように両ヒザを動かし、しっかり体を回転させましょう。

 また、フックや引っ掛けの場合、ボールが真っすぐ、もしくは左に出て左に曲がるのか、一度右に飛び出して左に曲がるのかによって対処法も変わってきます。

 真っすぐ出て左に曲がる場合は、少しフェースを開いて構えましょう。それと同時に、ボールの位置も少し右側に寄せたほうが右に出しやすくなります。

 ボールが左に出て左に曲がる場合は、フェースをシャットにしすぎている可能性があるのでこれを修正。テークバックの際、手元が腰の位置に来たときフェースの向きが前傾角度と同じくらいになっているかどうかをチェックして、前傾角度よりも地面方向を向いている場合は、少し開き気味にしましょう。

 右に出て曲がる場合は、インサイドアウト軌道であおり打ちの傾向があるので、その軌道がストレートに近づくようにすることが大事。対処法としては、足のラインと腰のラインが少し左を向くオープンスタンスで左に振り抜く。そうすれば曲がり幅を少し抑えることができるはずです。

 (協力・太平洋クラブ銀座 銀座ゴルフガーデン)

 ■菅原大地(すがわら・だいち) 太平洋クラブ御殿場コースの練習生を経て、横浜市のハンズゴルフクラブに就職。ティーチングプロ試験合格後、レッスンプロとして活動を始める。丁寧でわかりやすい指導が人気で、個人レッスンはキャンセル待ち。19年2月開設のYouTubeチャンネル「DaichiゴルフTV」は登録者数28万人。今、最も注目を集めている若手レッスンプロ。

関連ニュース

アクセスランキング

×