オリックスどうする?吉田正尚の起用法 先発で出るには守備に就くしかないが… - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

オリックスどうする?吉田正尚の起用法 先発で出るには守備に就くしかないが…

 オリックスは吉田正尚外野手(28)の起用法が鍵となる。10月2日に右尺骨を骨折も、驚異の回復をみせ、今月10日からのロッテとのクライマックスシリーズ3試合にDHで出場。打率3割を残したが、日本シリーズ3、4、5戦ではDHが使えないため、先発で出るには守備に就くしかない。

 19日は左翼の守備練習を行った吉田正は、右腕の状態を「日に日によくなっている。スローイングは強くなっている。痛みがないから、不安もなくなって投げられている」と説明。それでも、「最後のいい場面、二死二塁でバックホームとなったら、どうなるかわからない。中途半端はチームに迷惑がかかるので、首脳陣の判断になると思います。完璧となると、まだ正直あれかなと」と慎重な姿勢をみせた。

関連ニュース

アクセスランキング

×