“麟太郎世代”大暴れ競演! 2年後の期待高まる「怪物1年生」4人そろい踏み 高校野球・明治神宮大会 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

“麟太郎世代”大暴れ競演! 2年後の期待高まる「怪物1年生」4人そろい踏み 高校野球・明治神宮大会

 明治神宮大会は23日、高校の部準決勝が行われ、“スーパー1年生”がそろい踏みした。注目の花巻東(岩手)・佐々木麟太郎内野手(16)の高校通算49号に、強豪高の大砲2人が一発で対抗。甲子園で春夏通算8度の優勝を誇る大阪桐蔭では、世界一の左腕が主戦級に名乗り上げた。

 佐々木は第1試合で広陵(広島)相手に3安打5打点の大暴れ。8回には一時同点となる3ランを放ち、「自分たちは本当に逆転ができると思っていた。(チームメートが)自分に回すと言ってくれて、とにかく気持ちでスタンドまで運ぶことができた」と滞空時間の長い一発を振り返った。チームは9-10で競り負けたが、申し分のない全国デビューを飾った。

 1年生で名門広陵の4番を張る、真鍋慧(まなべ・けいた)内野手(16)も技ありアーチで競演。2回に内角スライダーを腕を畳んでポール際に運んだ。大リーグの本塁打王になぞらえて中井哲之監督から「ボンズ」と呼ばれるスラッガーは、佐々木を「同学年なので少し意識します」と明かした。

 大阪桐蔭の1年生左腕、前田悠伍投手(16)は2018年に12歳以下のカル・リプケン世界大会で日本代表として世界一を経験。当時日本を率いた巨人・元木大介ヘッドコーチ(49)は「当時から素晴らしい才能を見せていた。もちろんチームのエース。2年後が楽しみだね」と目を細める。今大会も21日の敦賀気比(福井)戦では、救援で6回無失点10奪三振の好投。先発したこの日の準決勝第2試合では、九州国際大(福岡)に9-2(7回コールド)で完投勝ちした。

 その前田に一矢報いたのが九国大の1年生4番、佐倉侠史朗内野手(16)。2回に通算8号の先制ソロを放ち、「しっかり強いスイングをすることを心掛けた。2戦目まで出せなかった長打力という持ち味を出すことができた」。

 各球団スカウトも絶賛の逸材がひしめく“麟太郎世代”。2年後のドラフトまでにどれだけ伸びるか、今から楽しみだ。 (片岡将)

関連ニュース

アクセスランキング

×