「オリックスブレーブス」誤表記にネットでツッコミ殺到「時代遡りすぎw」「たった2年しか存在してへんで」「嬉しさのあまり復活」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

「オリックスブレーブス」誤表記にネットでツッコミ殺到「時代遡りすぎw」「たった2年しか存在してへんで」「嬉しさのあまり復活」

 プロ野球、日本シリーズは、25日に行われた第5戦をオリックスが6-5で制し、対戦成績はヤクルト3勝、オリックス2勝となった。これにより、27日から行われる第6、7戦は舞台をほっともっとフィールド神戸に移すが、ネット民の間では意外なところで大きな注目が集まった。

 25日にオリックスが接戦を制したことで、日本シリーズは第6戦に突入。25年ぶりの日本一を期待するオリックスファンを中心にネットで盛り上がりを見せる中で、なぜかヤフーのリアルタイム検索には、懐かしの「オリックスブレーブス」の名前がランクインした。

 ブレーブスといえば、球団の前身にあたる阪急ブレーブスがオリックスに譲渡された1988年11月に、球団名を「オリックス・ブレーブス」に変更。本拠地を西宮球場(兵庫県西宮市)からグリーンスタジアム神戸(現・ほっともっとフィールド神戸)に移した91年に「オリックス・ブルーウェーブ」に変更されるまで使用された。2005年には大阪近鉄バファローズと球団統合し、「オリックス・バファローズ」が誕生した。

 25日夜に「オリックスブレーブス」が世間の注目を集めた理由は、神戸市交通局が公式ホームページに掲出した案内で、「日本シリーズ第6、第7戦(ほっともっとフィールド神戸)『オリックスブレーブスVS東京ヤクルトスワローズ 18時00分試合開始』の終了時間に合わせて、臨時列車(3本)を増発します」と球団名を誤表記したため。

 これを受け、SNSには「本当にオリックスブレーブスって書いてて草」「オリックスブレーブスw 時代遡りすぎwww 本当に書いてある」「嬉しさのあまりオリックス・ブレーブスを復活させてしまう」「25年ぶりで経験者が誰もいないのか」などのツッコミが殺到。オリックス・ブレーブスの球団名でペナントレースを戦ったのは89~90年の2シーズンだけで、しかも当時は本拠地が西宮球場であったことから、「オリックスブルーウェーブと間違えたならわかるけどオリックスブレーブスってw」「たった2年しか存在してへんで、そのチーム…笑」「オリックスブレーブス時代の本拠地は神戸ではなく西宮」といった書き込みが相次いだ。

 大きな盛り上がりを見せる中、日付が変わっても未修正だったため、「まだ『オリックスブレーブス』のままやで」「オリックスブレーブスまだ直ってなくて草」などのコメントが続々。ほかにも「オリックスブレーブスって。ファミスタやんけ」「若い人知らんやろ」「ヤクルトだけちゃんと『東京ヤクルトスワローズ』ってフルネーム間違えてないの笑うよな」などと、コメント欄は賑わいを見せた。

 なお、現在は「オリックス・バファローズ」と修正されている。(zakzak編集部)

関連ニュース

関連ニュース

アクセスランキング

×