男子ゴルフも賞金王争い佳境に 約1180万円差から逆転を狙う木下稜介「すごく意識している」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

男子ゴルフも賞金王争い佳境に 約1180万円差から逆転を狙う木下稜介「すごく意識している」

 ■国内男子ゴルフ「カシオ・ワールドオープン」

第1日(25日、高知・Kochi黒潮CC=7335ヤード、パー72)

 賞金ランキング首位で2週連続優勝を目指すチャン・キム(31)=米国=は68で回り9位スタート。「結果的に4アンダーで、いい位置にいられることは満足している」。約1180万円差から逆転を狙う木下稜介(30)は70で28位。「残り2戦になって、賞金王はすごく意識している。初日の出遅れがないようにスタートできた」

 ツアー1勝の堀川未来夢(28)が64で単独首位に立った。アラブ首長国連邦で行われたアジア太平洋アマチュア選手権で6日に優勝した中島啓太(21)=日体大=は、帰国後初の試合で71の47位。

関連ニュース

アクセスランキング

×