名波監督「選手に責任一切ない」 率いる松本が最下位に沈みJ3降格 磐田での手腕を発揮できず - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

名波監督「選手に責任一切ない」 率いる松本が最下位に沈みJ3降格 磐田での手腕を発揮できず

 明治安田生命サッカーJ2は28日、第41節が行われ、J1昇格を決めていた首位の磐田が群馬と0-0で引き分けて初優勝。2年前まで指揮官を務めた名波浩監督(49)が率いる松本は、相模原に1-1で引き分けも最下位に沈み、J3降格が決まった。

 磐田をJ1に昇格させた手腕を買われ、シーズン途中の6月に就任した名波監督は自身の誕生日を飾れず。「自分が指揮したゲーム数、トレーニングに携わった時間は関係なく、現場の長として責任を感じている。クラブのフロント、選手に責任は一切ない」と厳しい表情で話した。クラブは続投を要請している。

 J1昇格の残る1枠は、京都が千葉に0-0で引き分け2位を確定。2010年以来12年ぶりの復帰を決めた。

 J3は全日程を終えた宮崎が勝点53で首位ながらJ2ライセンスを持たないため、J2昇格争いは1差で追う岩手、2差の熊本に絞られた。残り1試合で両チームの勝点が宮崎を上回ればともに昇格。宮崎が2位以内なら、昇格チームは一つになる。

アクセスランキング

×