政治・社会注目ニュース

「日本と対話準備できている」韓国・文大統領“噴飯”演説! 「三・一独立運動」式典で“被害者中心主義”前面 識者「日本は1ミリとも立場を崩すな」

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、日本の植民地統治に抵抗して起きた「三・一独立運動」を記念する政府式典で演説した。歴史問題で、「いつでも日本政府と向き合って対話する準備ができている」「過去の問題も賢明に解決できると確信する」などと述べたが、「被害者中心主義」を前面に打ち出し、数々の「反日」暴挙にも触れず、韓国が対処すべき、いわゆる「元徴用工」や元慰安婦の問題解決に向けた具体的提案はなかった。これでは、来年5月の大統領任期切れまで、日韓関係の改善は期待できそうにない。