【新・悪韓論】国の基から間違った韓国「声闘文化」の末路 何事も「コネと賄賂」で解決

 韓国は、国の基(もとい)からして、間違えたまま立国したのではないか。今日の政治・社会混乱は、その帰結のようなものとは言えまいか。

 韓国は1948年、民主主義に対する国民一般の理解がないまま共和制を敷いた。大正デモクラシーの伝統があった日本とは違う。

 そして、政治家とブローカーの区別がないまま、「声闘(ソントゥ)文化」が蔓延した。声闘文化とは、大衆受けすることを大声で言った者が勝者と認定される習わしだ。街頭での夫婦げんかは、取り巻く人々を味方にする絶叫を発した方が勝つ。同質のことだ。

 声闘文化が成り立つ背景には、扇動に乗せられやすい民の存在が不可欠だ。

 日本の「朝鮮史研究の祖」である今西龍・京城帝大教授は、5000年前に国を開いたとされる檀君の系図が、何者かによって一夜にしてつくられ、印刷されて流布されていく様を見て、「我輩には解釈の出来ない事が多い」「学問の影の薄い夕暮れだ」とあきれた。1929年の論文だ(国書刊行会『百済史研究』に収録)。

 それから80年ほどして、韓国では米国産牛肉の輸入に反対する大規模なロウソクデモが100日間も続いた。テレビ番組で、キャスターが「韓国人は遺伝子的に狂牛病にかかりやすい」「狂牛病にかかると、脳に穴が開いて死ぬ。それでも米国産牛肉を食べますか」と、まさに「学問の影の薄い」話をしたのがきっかけだった。

 狂牛病デモから8年、「左翼のシャーマン」と呼ぶべき、城南(ソンナム)市の李在明(イ・ジェミョン)市長と、「左翼の巫女」に当たる最大野党、共に民主党の秋美愛(チュ・ミエ)代表が振りまいたアジで国中が揺らいでいる。

 李氏と、共に民主党の文在寅(ムン・ジェイン)前代表は次期大統領の座をかけて、反日発言の強硬さを競っている。まさに声闘文化の国だ。

 そして民は、デモとデモクラシーの区別がつかないまま、「世界が称えるロウソク革命」といった報道に自己陶酔する。

 経済も基を間違えたままスタートした。

 資金といえば「私債」(サチェ)と呼ばれる闇の高利金融しかなかった時代、輸出契約書があれば「コネと賄賂」を使って低利資金(政策金融)を手に入れられた。その資金を国内で転がせば、ぬれ手であわの巨利を得られた。輸出の結果が赤字でもかまわない。次の低利資金を早く手に入れることが重要だった。

 借金先行、正業より裏での儲け、そして何事も「コネと賄賂」で解決する。今や世界的な大手財閥も、こうした体質をそのまま引きずっている。

 だから、彼女に逆らうと税務査察を受け…と思ったら資金を提供する。

 裁判官も検事も警察官も「コネと賄賂」の世界で育った人々である。保身と昇進のためなら、権力の番犬から「韓国型公憤」の走狗に変わる。

 ローマ法王は2014年4月、セウォル号沈没事件の直後に韓国を訪問するのに際し、「韓国民がこの事件をきっかけに倫理的・霊的に生まれ変わることを望む」と語った。法王のありがたいメッセージも、韓国では効き目がなかった。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。