【不肖・宮嶋 コラコラ記】合流「賛成」して排除され… 「真っ赤な新党」アンタら政治信条ないんか!

会談を終え、握手する小池都知事と民進党の前原誠司代表=5日午後

 コラコラ、ええかげんにせえよ、おんどれらのことや。民進党から出ていって、新しい党つくったアンタらのことや。

 「中道」「リベラル」やと? 大新聞や大テレビ局までがいっしょになって「リベラル派」「中道勢力」や、といちびりたおして。共産党や社民党と共闘してどこが中道やねん。もう、怒り通り越して笑うてまうわ。あんたらの中には性根までマルクス・レーニン主義に染まった“真っ赤っか”もおるんちゃうの?

 辞書引いてみたら、「リベラル」は「自由な」とか「自由主義の」と書いたるで。マルクス・レーニン主義を信奉してきた、中国共産党、旧ソ連、北朝鮮のどこに「自由」「自由主義」があるの? まともな選挙すらない国は間違っても「中道」でも「リベラル」でもないやろ。

 アンタらがやった民進党の決定に逆らったようなこと。もし中国共産党や北朝鮮の労働党に対してやってみい。まちがいなく抹殺・粛清や。

 第一、アンタら沈みかけた民進党にあいそつかしとったんやろ。そこに文字通り、渡りに船の希望の党が迎えにきよったんやろ。民進党の看板じゃ、レンホーセンセイやマエハラ代表じゃ、総選挙、負けてまうから、希望の党にくら替えでけると喜んどったんやないか。

 せやから両院議員総会で満場一致で賛成したんやろ。国会の場で、全国放送の真っただ中で、国民注視の中で、安保関連法案にプラカード掲げ、反対したパフォーマンスを演じたのはどこのどいつや。

 それが、「小池百合子都知事とならうまくやっていける」と尻尾フリフリやったやないか。「原発ゼロ」で共闘しようと思ってたやんか。つまり、アンタらは希望の党に加わらんかったんとちゃう。希望の党の方でハシにも棒にもかからんから「排除された」だけやないか。

 せやから、希望の党の公認リストから漏れたセンセイ方もリッケン民主党に身請けしてもうたんとちゃうんか。

 そういやぁ、アンタらより先に、解散直前、わが身かわいさで小池知事のもとに走った前センセイ方を「民進党の比例で当選しときながら」と除名処分にまでしときながら、アンタらは除名にしようにも代表自らケツわりよった。

 さらに、昨年の都知事選挙のときは、小池候補をみなで「極右」とコキおろしたやないか。それもなかったことにして今は「リベラル」のフリか。

 それやったら、森友・加計学園問題も、安保法制論議もなかったことにするか。アンタらに政治信条はないんか。信念はないんか。プライドなんか政治家には必要ないんやな。

 ■宮嶋茂樹(みやじま・しげき) 報道カメラマン。1961年、兵庫県明石市生まれ。日本大学芸術学部卒業後、「フライデー」専属カメラマンをへて、フリーになり、数々のスクープ写真を撮影。世界の戦場でも取材を行う。