「慰安婦問題あるが、日本とは安保・経済協力の安定図る」 韓国外相が米国務長官と電話会談

 韓国の康京和外相は29日、ティラーソン米国務長官と電話会談し、文在寅大統領が慰安婦問題について2015年の日韓合意では解決できないと表明したことを念頭に「日本とは慰安婦問題を含む歴史問題があるが、安全保障や経済などでの協力は安定的に進める」と述べた。韓国外務省が発表した。

 聯合ニュースによると、韓国大統領府関係者は29日、記者団に、歴史問題と安保・経済協力を分離する「2トラック」が文氏の基本路線だとあらためて強調。「日本も韓日関係がいかに重要か分かっているはずだ」と述べ、日本側の理解に期待を示した。

 ティラーソン氏は電話会談で、北朝鮮の核問題を巡り日米韓3カ国の協力の重要性を説き、康氏も賛意を示した。(共同)