安倍首相、慰安婦問題で文政権にクギ 日韓合意「1ミリたりとも動かさない」

韓国に乗り込む安倍首相(写真)は、文大統領の従北姿勢を強く牽制する

 安倍晋三首相は9日午前、韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開会式出席や、文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談のため、韓国へ向けて政府専用機で羽田空港を出発。文氏との会談で、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的に解決」を確認した日韓合意の履行を“厳命”する。慰安婦像の撤去が期待される。北朝鮮に「核・ミサイル開発」を放棄させるため、文氏に「日米韓3カ国の結束」の必要性も通告する方針だ。

 安倍首相は会談で、日韓合意について、国と国との約束であり、日本は元慰安婦支援の財団に10億円を拠出するなど誠実に履行してきたと説明。政権が代わっても受け継いでいく責任があるとの立場を主張する構えだ。

 慰安婦問題をめぐり、安倍首相が訪韓することには、今も国内で「政治的に利用される」といった懸念や異論が根強い。

 こうした不安を払拭するため、安倍首相は文氏に対し、日韓合意を「1ミリたりとも動かさない」との日本政府の方針を伝え、着実な実施を強く要求する。

 日韓合意では、ソウルの日本大使館前などの慰安婦像について、韓国政府は「適切に解決するよう努力する」と約束している。安倍首相が会談で、慰安婦像撤去を求める可能性は高い。

 慰安婦問題とともに、懸念されるのが、北朝鮮問題への対応だ。

 「従北・反日」の文政権は、平昌五輪を機に「南北融和」への傾斜を過度に強めている。

 安倍首相は、北朝鮮が韓国に仕掛ける「ほほ笑み外交」を通じ、日米韓の分断を狙っていることを踏まえ、文政権にクギを刺すとともに、日米韓の連携による「圧力路線」の堅持が重要だと訴える。

 会談後、安倍首相は9日夜の五輪開会式に出席。10日は日本選手団を激励するほか、アイスホッケー女子日本代表のスウェーデン戦を観戦し、帰国する。