【新・悪韓論】便器洗ったスポンジでコップを… ソウル一流ホテルの信じられない衛生管理実態

平昌五輪選手村の食堂。果たして選手の口に入る食事は安全なのか(共同)

 韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪は、「核・ミサイル開発」を強行する北朝鮮主導の“政治利用・時間稼ぎ”が批判を浴びるなか、世界中のアスリートによる熱戦が繰り広げられている。感動と興奮のドラマは続くが、気になるのは隣国の衛生状態だ。平昌ではノロウイルスが猛威を振るっており、感染者は200人に達する勢いという。加えて、韓国のテレビ局が今月初め、ソウルの一流ホテルの信じられない衛生管理実態を報じた。韓国は安全なのか。ジャーナリストの室谷克実氏が迫った。

 平昌冬季五輪を担当する警備会社の職員寮で、ノロウイルスによると疑われる食中毒が発生したと最初に伝えられたのは2月4日の夜だった(CBSノーカットニュース)。実は同じ日、テレビ朝鮮も「衛生」問題に関する興味深いニュースを伝えていた。

 ソウルの一流ホテルでは、便器を洗ったスポンジで浴槽を洗い、スポンジをすすぐこともなくコップを洗い、客が使って床に落ちていたタオルでコップの水気を拭き取っているというのだ。

 朝鮮日報も6日に記事にしたが、日本の特派員は、五輪とそれに付随する北朝鮮からの訪問団の取材に忙殺されているのだろう。全国紙はどこも扱っていないようなので、詳細をお伝えしよう。

 中国の一流ホテルで、清掃作業のひどさが問題になった。韓国のホテルマンは「わが国ではあり得ないことです」と胸を張った。が、実際にはどうなのか。これが取材の動機だったようだ。

 テレビ朝鮮のスタッフは、ソウルの一流ホテル3カ所に各2泊して、隠しカメラを据え付け、掃除の様子を収録した。

 結果-Aホテルでは、便器にたまっている水にスポンジを浸してからトイレの内側や外側を磨いた。そのスポンジに洗剤を少し付けて、コップを磨いた。コップの水気は宿泊客が使用後、床に落ちていたタオルでふいた。スポンジは1度も水ですすがなかった。客室清掃が終わった後、番組スタッフが汚染度測定器で客室のソファを測定すると、安全基準値の15倍を上回る数字が出た。

 BホテルやCホテルも状況はほぼ同じだった。Cホテルでは宿泊客が使用した枕カバーを数回パンパンとたたいただけで、取り換えなかった。

 朝鮮日報は次のように解説している。ホテルには一応、清掃のマニュアルがある。それに従うと1室1時間かかる。客がチェックアウトしてから次の客がチェックインするまでに10室しか清掃できないはずだが、15室前後こなしている。

 ホテルの清掃は外部業者の担当で、そのスタッフは基本給プラス清掃室数による出来高払い。早く終えるための手抜きが重要なのだ。

 が、ホテル側は「清掃スタッフは下請け業者に所属しているため、ホテルが直接、勤務を監督すると現行法に違反することになり…」。つまり、改善は難しいという。

 テレビ朝鮮の報道の2日前、月刊誌『新潮45』(17日発売の3月号)に原稿を送った。

 韓国では、食堂の従業員が「憎たらしい客だ」と見たら、しばしば丼の中にツバを吐き込んでもってくることに触れ、こう書いた。

 《ソルロンタン(=牛の頭を煮込んだ白濁したスープ料理)やカユの類は要注意だ。「高級ホテルで食べる鮑(あわび)ガユなら大丈夫」などと思ってはいけない。なにしろ「世界の常識」が通じない国なのだから》

 それを見た友人が「まさか…。一流ホテルなら大丈夫だろう」と言っていた。彼も、朝鮮日報(日本語版)を読めば、納得するだろう。

 時に、日本のホテルはどうなのだろうか。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。著書・共著に『悪韓論』(新潮新書)、『崩韓論』(飛鳥新社)、『韓国リスク』(産経新聞出版)など多数。