米大統領経験者格付けでトランプ氏が最下位!? トップは…

トランプ米大統領

 米大統領経験者44人を格付けしたところ、現職のトランプ大統領が44位で最下位になったという。米西部アイダホ州にあるボイシ州立大が、政治学者ら170人の評価に基づいて発表。トップは奴隷解放を宣言したリンカーンだった。

 一方、トランプ氏は「米国を最も分断する大統領」のランキングでは首位になるという皮肉な結果も。大統領や行政機関などを研究対象とする専門家が、外交、内政を含む総合的な「偉大さ」を100点満点で採点した。

 上位7人の顔ぶれは2014年の前回調査と変わらず、リンカーンのほか、初代ワシントン、太平洋戦争時のフランクリン・ルーズベルトらが名を連ねた。前回18位だったオバマ前大統領は8位に上がった。

 トランプ氏は共和党支持者の専門家の間でも40位にとどまり、党派を問わず低評価。リンカーンが総合評価で95・03点を獲得したのに対し、トランプ氏は12・34点にとどまった。(共同)