金正恩氏と中国共産党に味方する文在寅政権は自由民主体制の敵

提供:NEWSポストセブン 
「反米親北勢力」に青瓦台は乗っ取られた YONHAP NEWS/AFLO

 緊迫する朝鮮半島情勢で、日本人の目は金正恩ばかりに注がれている。だが、本当に危ないのは文在寅だ。元駐日韓国大使館公使の洪ヒョン氏が警鐘を鳴らす。

* * *

 文在寅の大統領就任からおよそ8か月、青瓦台(大統領府)は「反米親北勢力」に乗っ取られた。

 政務職はもちろん、中央省庁の局長・課長級に該当する秘書官とその他の行政官のほとんどは金日成主義である「主体思想」を学習した者らで、南北連邦制(*)を追求した「全大協(全国大学生代表者協議会)」や左翼活動家たちだ。彼らは、「韓国そのものを平壌に捧げよう」という強い信念を持つ親北勢力である。

 【*朝鮮半島における「1国家2体制2政府」を想定し、南北の地方政府がそれぞれ国防、外交権を持つ構想。地方政府の上位に連邦国家の中央政府が位置する】

 極左勢力がめざすのは、連邦制による金正恩体制との赤化統一に他ならない。

 文在寅は盧武鉉政権のとき連邦制赤化統一を目論む公安事犯らの赦免を主導し、国家保安法の撤廃を試みてきた。昨年10月には「憲法を改正して国家機能の抜本的な地方移譲に乗り出す」と宣言した。「低い段階の連邦制」に備えソウルの首都機能を弱体化させる試みである。

 文在寅・主体思想派政権は、憲法と国体を守る国家保安法を廃止し、韓米連合司令部の早期解体を進めている。レジームチェンジ(国体変更)を完成させて連邦制へとなだれ込む戦略だ。さらに文在寅は昨年12月、中国を訪問して韓中関係は「運命共同体」と言った。韓米同盟からの離脱宣言で、弾劾事由が追加されたと言ってよい。

 だが「ロウソク革命」というクーデターはまだ成就していない。極左勢力は労組を通じて在来の大手メディアは掌握したが、インターネットなどのニューメディアは抑えきれず、右派が真実を内外に伝えられる。

 左翼政権の基盤も脆弱だ。文在寅が立候補した2012年と2017年の大統領選を比べると、有権者の投票数は200万票増えたが、文在寅が獲得した票数は逆に130万票減った。韓国国民の4割程度は右でも左でもない浮動層であり、この層を取り込めば勝機はある。

 そして、軍事力を伴う巨大な現状変更、軍の蜂起だ。韓国の憲法5条2項は、「国軍は国家の安全保障と国土防衛の神聖な義務を遂行することを使命とし、その政治的中立性は遵守される」と定める。

 国家安保と国土防衛のためなら、軍には蹶起する義務と権利がある。野党・自由韓国党の議員である沈在哲国会副議長が指摘した通り、国体変更をめざす極左勢力の行動は内乱罪に十分相当し、彼らの野望が叶う前に民衆政権を打倒せねばならない。

 文在寅は、文明社会の敵である金正恩とひとつの心臓を共有している。中国共産党に味方する「文在寅革命政権」は自由民主体制の敵と見做すしかない。

 私は韓国陸士を出て、共産主義との熱戦と冷戦を戦った。卑怯な平和は奴隷への道であり、全体主義独裁体制に勝つためには血を流す覚悟が必要だ。韓国にまだ、骨のある将軍が残っていることを期待したい。

 【PROFILE】HONG Hyung/1948年生まれ。韓国陸軍士官学校を卒業後、野戦部隊の小隊長などを経て、国防部勤務。外務部へ転職後、駐日韓国大使館で参事官と公使を務める。退官後、早稲田大学客員研究員、桜美林大学客員教授を経て、現在、統一日報主幹。

 ●取材・構成/池田道大(フリーライター)

 ※SAPIO2018年1・2月号