3つの山口組抗争に新たな火種 神戸「武闘派組長」絶縁の波紋

提供:NEWSポストセブン 
六代目山口組・司忍組長

 沈静化していた山口組抗争が、再び燃え上がった。2月7日午前1時半過ぎ、大阪・ミナミの神戸山口組山健組兼一会の事務所に、同じく神戸山口組傘下の太田興業幹部が訪ねてきた。

 「話がしたい。親分に聞いてもらいたいことがあるから会わせてくれ」

 「こんな夜中に非常識や。話あるなら明日出直してきいな。言うとくから」

 双方が引かず押し問答になると、遠巻きに見ていた二人の男が近づいてきて、「すんまへんな。酔うとるから」と、とりなした。応対した兼一会組員が言う。

 「そうしたら帰り際、コンビニのあたりで挑発された。『なんや!』言うて出てったら、一人がステッキを持ってて殴られた。口の中が切れてしまって、もみ合いになりました」

 騒ぎを聞きつけた兼一会事務所から応援の組員が飛び出してきて、深夜のコンビニ前で乱闘が始まった。

 翌日の午前2時過ぎには、大阪市西区の任侠山口組系組織に4トントラックが突っ込んだ。組員の移籍を巡るトラブルとみられ、2つの事件に関連性はなかったが、神戸山口組はざわめいた。そして前日、太田興業幹部に同行していた一人が任侠山口組の幹部だったことが判明する。

 「内輪で揉めた相手が、神戸山口組と対立する任侠側の人間とつるんでいたとなれば、兼一会にとっては面白くない」(警察関係者)

 兼一会の植野雄仁会長は太田興業トップである太田守正組長の処分を要求し、執行部会議を欠席するなど強硬姿勢を崩さなかった。結果、譲らぬ植野会長に山健組から絶縁処分が下された。

 「これまで100人を超える幹部・組員が服役している武闘派組長」(警察関係者)の絶縁で沸騰したのは、意外なことに六代目山口組だった。植野会長とパイプを持つ六代目側の組長たちが一斉に動き出し、司忍組長との面談も打診された。

 「兼一会が六代目側に戻るとなれば、抗争以来最大の出戻り移籍になる」(警察関係者)

 神戸山口組にとっても見過ごすわけにはいかないだろう。いつ銃声が響いても不思議ではない。

 ◆取材・文/鈴木智彦(フリーライター)

 ※週刊ポスト2018年3月2日号