【日本の元気】北陸豪雪、トンネルを抜けた先は尋常ではない雪世界だった

豪雪で身動きできなくなった1500台の一部。ここが国道とは思えない積雪だ(写真提供・福井県)

 JR北陸本線で日本海に面する都市・敦賀から長さ約14キロの北陸トンネルを抜けた先は尋常ではない雪世界だった。小さな通過駅では線路からホームの高さまで雪が積もっていた。

 2月5日から8日かけて福井県北部から石川県加賀地方は、「昭和56年豪雪」を上回る豪雪に見舞われた。国道8号はまひ状態が続いたが、報道だけでは「なぜ」という疑問が残った。そこでJR北陸本線が動き始めた2月10日、福井へと向かった。

 知りたかったことの第一は、なぜ国道8号で1500台ものクルマが身動きできなくなったのか、だ。福井県災害対策本部の坪川利隆企画幹らによれば、まず高速道路である北陸自動車道が積雪のため加賀ICから武生ICの間、47・6キロが31時間通行止めとなり、福井県を通過するクルマが並行している国道8号へと迂回(うかい)集中したことが原因という。

 国道8号は福井平野を貫く唯一の幹線道路だが、福井平野の北端、石川県との県境には牛ノ谷峠というアップダウン部分がある。標高わずか80メートルにすぎない峠だが、大雪では大型車両にはきつい場所だ。とりわけエンジンを積んだ運転席部分に貨車部分を連結した構造のトレーラータイプのトラックは、雪道では足をとられやすい弱点があるという。

 つまり、猛烈な積雪でどこまでが道路かの識別が難しかったため、トレーラー貨物車の後輪が足をとられ、側溝を越えて道をふさいだ。そのため最大66時間、約1500台が通行止めとなったのだ。

 国道8号と交差する道路で右や左に逃げられなかったのかという疑問も起きたが、この区間には平時でも大型トラックが右折、左折し迂回できる大きな道路は少ない。報道機関が入れなかった現場の写真も見せてもらったが、この雪では迂回など不可能だったことがよくわかった。

 福井県は、福井平野の南端にある北陸トンネル部分の木ノ芽峠(標高628メートル)で「嶺北(越前地方)」と「嶺南(若狭地方)」という2つの地方にわけられるが、ここも道路勾配がきつく大雪での通行止めを経験してきた。だが、今回は真反対の北端が雪で遮られたのだ。同じ県でも、どこに多くの降雪が続くかで災害の状況が異なる。そのことも、豪雪災害の対応の難しさだと実感した。

 今回の大雪による教訓は多々あり、あらためて報告します。

 ■山根一眞(やまね・かずま) ノンフィクション作家、獨協大学特任教授。1947年、東京生まれ。獨協大学ドイツ語学科卒。執筆分野は先端科学技術、環境、巨大災害、情報の仕事術など幅広い。近刊は『理化学研究所 100年目の巨大研究機関』『スーパー望遠鏡「アルマ」の創造者たち』。理化学研究所相談役、JAXA客員、福井県文化顧問、3・11大指復興アクション代表、日本文藝家協会会員。