【新・カジノ情報局】日本がモデルとするシンガポールのカジノ ヒント得た“慎太郎構想”

リゾートワールド・セントーサ入り口ではしゃぐ観光客

 2010年のカジノ解禁以来、アジア随一のカジノシティとなったシンガポール。

 ここには2カ所のカジノがある。一つは湾岸エリアにあるマリーナベイ・サンズ。東京タワーほどの高さがある3本のタワーホテルの屋上が船の形に連結され、雲の上のプールが楽しめるなど今やシンガポールのランドマークとなっている。

 もう一つはセントーサ島のリゾートワールド・セントーサ。こちらは地上がユニバーサルスタジオで地下がカジノというもので、友達や家族で楽しめる作りとなっている。

 石原慎太郎都知事時代、東京で“お台場カジノ構想”が持ち上がったが、シンガポールはこれにヒントを得たものだった。

 シンガポールでは湾岸エリアをどのように活性化するかという点でお台場と同じテーマを抱えており、東京にたびたび視察に来ていた。

 そこでヒントを得たシンガポールは、議論ばかりで一向に進まない日本を尻目に、さっさとカジノを完成させ、アジアの観光ハブとなるのに成功した。

 そんなシンガポールに観光客を奪われる危機感から、日本もようやく本気でカジノ導入を考えた。

 2カ所のカジノがそれぞれ特色あることは確かだが、それ以上にシンガポールのカジノが成功した理由は「IR」という造語の発明にある。

 IRとは統合型リゾート(Integrated Resort)という意味だが、これは解禁に取り組んだシンガポール政府が、国民を安心させ、ギャンブルのイメージを薄めようとして捻り出したものだった。

 IRはショーや飲食、ホテルやコンベンション機能をもったリゾートと定義されているが、カジノとは元々そうしたものであり、実質的には何も変わらないが、いかにもリゾート的な呼び名はカジノ以外の観光客を呼び込むことに大きなメリットをもたらした。

 その結果、本家ラスベガスの経営者も自らIRと名乗るほどになり、日本政府もシンガポールがモデルだと公言するほどカジノのイメージを刷新した。

 だが褒められることばかりではない。シンガポールのカジノは客を楽しませる視点に欠け、利益至上主義に陥っているのも事実である。

 例えばルーレットでは、本来対極に位置しなければならない0と00が同じ位置に並んで配置されている。

 詳しい理由はまたの機会とするが、これは特定の賭け方(アウトサイドという)の際、ディーラーの総取りとなる確率が高く、客に不利なため、シンガポールでルーレットをしているのはそうしたことを知らない初心者ばかりである。 

 もう一つ問題もある。ギャンブル依存症対策として自国民から高額の入場料を取っている点だ。日本でも約1万円の入場料を取る案が持ち上がっていたが、これでは依存症を防ぐどころか、取り返そうとしてハマる人を生むなどかえって悪影響があるため、依存症研究者などから懸念の声があがっていた。

 21日、政府はそれを2000円まで下げる修正案を発表したが、悪い点までマネしないよう日本政府には注意してもらいたい。(松井政就・作家)=次回は片山真の「ポーカー“超”入門」