【Yes!高須のこれはNo!だぜ】いよいよ終わる「平成」、来年は時代の区切りを感じる1年に

そのうち、平成を懐かしむ時代もくるよ

 いよいよ来年、平成が終わるね。

 ボクみたいな年齢になると、小渕恵三さんが「平成」と発表していたのが、ついこの間のことのように思えてくるんだけど、今年でもう30年なんだよね。大規模な自然災害に見舞われたことはあったものの、大転換となるような出来事はなく、“長い大正時代”といえる平和な時代だった。

 その前の昭和は、ものすごくバラエティーに富んでいた時代だった。大きな戦争を経験して、終戦後は焼け野原の状態から国民が一丸となって立ち直り、高度経済成長へと突き進んだ。

 今年が「明治維新150年」であるとして、ゆかりの地でさまざまな記念の取り組みが行われているように、これから2025年の「昭和100年」に向けて企画が出てくると面白いよね。昭和の道のりを振り返ることは、これからの時代を担っていく若い人たちにとっても意義があると思うよ。何年か前、田中角栄さんの関連書籍が次々と出たこともあったしね。

 さて、新元号がいつ公表されるのかというと、どうも今年の年末以降で検討が進んでいるようだね。政府としてはなるべく皇太子さまが新天皇として即位される日に近づけたい考えらしい。2019年を迎えるのと同時に新元号になる方がシンプルで分かりやすいんだけど、来年1月7日に昭和天皇崩御30年の式年祭が執り行われるなど重要行事が続くことで実現しなかったようだ。

 仕事で元号を使っている人たちは大変だよね。改元の対応を求められれば一気に大忙しになるわけだから、できるだけ早く知りたいというのが本音だろう。来年のカレンダーや手帳をつくっている人たちも、やきもきしているんじゃないかな。

 何にせよ、来年は平成生まれの人たちにとっても、昭和のエネルギッシュさを肌で感じてきた年代の人たちにとっても、時代の区切りを感じる1年になる。普段はあまり意識したことがなくても、これを機に国のあり方を考えてみたり、皇室の方々に思いをはせてみてはどうだろう。

 そう考えると、ボクや同年代の人たちは幸福な世代なのかもしれない。うまく生きながらえれば新元号になる瞬間と東京五輪を、それぞれ人生で2度ずつ目撃できるわけだからね。

 ■高須克弥(たかす・かつや) 美容外科医で医学博士。美容外科「高須クリニック」院長。愛知県出身。日本に「脂肪吸引手術」を普及させた先駆者で、「Yes、高須クリニック」のCMフレーズでもおなじみ。芸能界、財界、政界と幅広い人脈を持つ。著書多数、最新刊は「ダーリンは71歳 高須帝国より愛をこめて」(小学館)。