「立民は 北朝鮮の 工作員」川柳ツイートめぐり立憲民主党vs維新・足立議員が場外乱闘 

足立康史氏

 枝野幸男代表率いる立憲民主党と、「国会の爆弾男」こと日本維新の会の足立康史衆院議員が場外乱闘だ-。

 発端は、足立氏が2月27日、「立民は 北朝鮮の 工作員」という川柳をツイートしたこと。

 これを受けて、立憲民主党の公式アカウントは翌28日、「責任あるべき国会議員の発言として、あまりにひどいデマに言葉を失いました。ツイッター社に報告します」などと応戦した。

 足立氏といえば、これまでも民進党を「アホ」呼ばわりしたり、朝日新聞を「死ね」呼ばわりするなど、過激極まる発信を続けてきた。

 立憲民主党の対応を受けて、足立氏は「立民は 北朝鮮の 工作員 そう言われても 仕方ないよね」と川柳を短歌に改造し、「これが本意でした。下の句が抜けていたことはお詫びいたしますが、あくまでも政治家に対する批判であって…」などと書き込んだ。

 立憲民主党の報告に対し、ツイッター社が問題だと判断すれば、足立氏のツイッターが凍結される可能性もある。果たして、どうなるか?