森友問題・佐川氏、週刊誌報道に「弥縫策」 国税庁が宿泊状況を提示

佐川宣寿氏

 学校法人「森友学園」問題での国会答弁を批判されている国税庁の佐川宣寿長官=元財務省理財局長=が「弥縫(びほう)策」を打ってきた。昨年7月の就任後、都内のホテルから公用車で登庁しているとの週刊誌報道を受け、国税庁が1日、佐川氏のホテル宿泊状況などの資料を参院予算委員会理事会に出したのだ。

 資料によると、佐川氏は1泊約8000円の都内のホテルに2泊した。官房機密費からの支出はなく、自費で支払ったとしている。泊まった場所や時期は不明。

 資料を出すよりも、佐川氏本人が「雲隠れ」をやめて、国民に説明した方がいい。