東国原英夫氏「葛西紀明は政治の世界に入る」発言の真意

提供:NEWSポストセブン 
“アプローチ”が多い(時事通信フォト)

 閉幕した平昌五輪が冬季五輪最多となる8度目の出場となった“レジェンド”こと葛西紀明(45)はメダルには手が届かなかったものの、早々に現役続行を宣言した。ところが、2022年の北京五輪を目指す葛西に“ナマ臭い”話がふりかかっている。

 2月22日放送のAbemaTV『橋下徹の即リプ!』に出演した東国原英夫氏が、「葛西さんは政治の世界に入ってくると確信している」と発言。その理由として、

 「政治の世界には冬季五輪から2、3の枠がある。国会には大先輩の橋本聖子議員がいる。荻原健司君もいたけど辞めてしまった。2012年に堀井学さんが議員になったので、いま議員は2人だけ。しかもスケートじゃなくてスキーの枠が空いてるの!」

 と、独自の“冬季五輪議員枠”理論を展開したのだ。東国原氏に発言の真意を尋ねたところ、

 「彼の誠実さや性格は政治に向いている。レジェンドの知名度には、比例で3人くらい当選させてしまうくらいの集票力があり、五輪のように8回連続当選しても不思議じゃない。スポーツ界から文部科学大臣になった馳浩氏のように大臣の椅子だって狙えると思います」

 と、真面目なトーンで言い切った。この政界進出の話は、必ずしも東国原氏の“妄想”とは片付けられないようだ。

 スキー連盟関係者は、「銀メダルを獲得したソチ五輪後に政界からのアプローチがあった。所属先の社長を通じて話もあったが葛西が首を縦に振らないまま4年が過ぎた」と明かす。

 あくまで選手として現役を続ける意志が固く、その思いは今も変わっていないようだ。所属先の土屋ホームはこう話す。

 「(議員の)先生方からお手紙やお話をいただいたことはこれまでもあったようですが、今も葛西は『そのつもりはない』と固く、強く、言っています」(同社・スキー部広報)

 露骨な票欲しさの政界からのアプローチ、どうも“飛型点”は低いようだ。

 ※週刊ポスト2018年3月16日号